Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

PC前提のサイト制作は時代遅れ。新刊『モバイルファーストSEO』でモバイルユーザーのためのサイトを!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/02/18 08:00

 いまや検索やショッピングを始め、ほとんどのことがスマホだけで事足ります。Google検索数もスマホがPCを上回り、ユーザーのモバイルシフトが本格化してきました。それは制作側から見れば、サイト制作やSEO対策はモバイルファーストが不可欠となったのです。そんな新時代に対応しなければならない方のために、翔泳社の新刊『モバイルファーストSEO』を紹介します。

 PCでのネット利用が当たり前だった時代が終わりを迎えつつあります。検索もSNSもショッピングも、スマホで事足りるようになりました。そんな時代に、PCで閲覧することを前提としたサイト制作やSEO対策で充分でしょうか? Googleも2015年4月に検索結果の新しい査定基準としてモバイルフレンドリーを導入しました。そのため、サイトを制作・運用するのであれば、モバイルファーストを意識する必要があります。

 実は、Googleはまだモバイル対応サイトを優先して検索上位に表示するアルゴリズムを採用していません。いまも多くのPCユーザーがGoogleを利用している現状、いきなりアルゴリズムを変更するとPCユーザーの反感を買ってしまうからです。モバイルフレンドリー導入後の検索結果への影響もそこまで大きくなく、できるだけ早くサイトをモバイル対応させるための注意喚起だったといえるでしょう。とはいえ、段階的にであれモバイルファーストなアルゴリズムに改善していくのは間違いありません。

 だからこそ、いまのうちにモバイルファーストに対応していくことが大切です。サイト制作者が抱えるこの大きな課題に応えるべく、翔泳社では2月18日(木)に『モバイルファーストSEO Web標準の変革に対応したサイト制作』を刊行しました。

 本書は、これからのサイト制作がいかにモバイルファーストで考えていかなければならないのかを、Googleの目的や意図を紐解くところから解説しています。Googleが何をしたいのかを理解できれば、どのようにサイトを制作していくべきか見えてきます。そこから、UXを向上するためのサイト設計、SEOを実現するサイト構築を深掘りして説明し、いま最も重要なページの表示速度を改善する手法を紹介しています。

 いつかGoogleがモバイルファーストな検索アルゴリズムを導入したとしても、本書でいまのうちに学んでおけば恐れることはないでしょう。

目次

第1章 スマートフォンSEOの基本

  • SEOの新時代~Web標準の変革~
  • 増え続けるスマートフォンユーザーと市場の変化
  • Googleも推進するモバイルファースト
  • モバイルフレンドリーを正しく知る
  • モバイルの弱点、それは表示速度!

第2章 これからのWeb制作の基本

  • 制作手法の種類と特徴
  • 情報格差を生むサイトを制作しない
  • レスポンシブWebデザインのレイアウト
  • 制作手法や順序の変化
  • ますます求められるレスポンシブWebデザイン
  • レスポンシブWebデザインのコーディングにあたって

第3章 ユーザーを意識したモバイルフレンドリーサイトの設計

  • モバイルフレンドリーにするために
  • モバイルフレンドリーに適合しているか
  • モバイルデザイン設計
  • デスティネーションファーストの基本ステップ
  • 端末間でデザインと構造を統一する
  • 快適に利用するための導線
  • 文字サイズを設計する
  • ビューポートを正しく設定する
  • リンクはタップ操作を念頭に
  • 横スクロール・横揺れを回避する
  • そのほかのユーザーエクスペリエンス向上策

第4章 モバイルファーストSEOを実現するサイト構築

  • HTML5の新要素を活用する
  • HTML5の主な新要素
  • HTML5のソースコードをチェックする
  • シンプルなCSSを採用する
  • 開閉パネルやタブ切り替えでスマートなWebサイトに
  • PCとモバイルのコンテンツ情報を一致させる
  • 全体を理解しやすい構造にする
  • ユーザーがサイト内で迷子にならないようにする
  • IE8以下のユーザーへの配慮
  • 表示させない手法は正しく使う
  • PCとスマートフォンで異なるスニペット(=description)の文字数

第5章 パフォーマンスの改善

  • パフォーマンス(≒表示速度)の重要性
  • 画像を最適化する
  • キャッシュ調整で待ち時間をなくす
  • 読み込み時間を意識した装飾
  • CSS3できれいな背景を作成する
  • 体感速度を上げる工夫
  • JavaScriptを非同期で読み込む
  • 背景画像をまとめてHTTPリクエストを削減する
  • ファイルの整理と圧縮
  • 小さな画像はアイコンフォントで表現する
  • 画像アイコンはWebページに直接埋め込む
  • 【Appendix1】 スマートフォン専用サイトの作り方
  • 【Appendix2】 おすすめのレスポンシブWebデザインHTMLソースコード例
モバイルファーストSEO

Amazon   SEshop   その他

モバイルファーストSEO
Web標準の変革に対応したサイト制作

著者:瀧内賢
発売日:2016年2月18日(木)
価格:2,138円(税込)

モバイルファーストSEO 5つのポイント

環境の変化をとらえ、ユーザーの行動を見極める
モバイルユーザーを第一に考えた制作手法を正しく知る
モバイルフレンドリーなサイトの要件をふまえた設計をする
HTML5やCSS3の機能を活かした親切なサイトを構築する
スペックや利用環境がバラバラでも閲覧できるよう改善する

 



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

     翔泳社マーケティング広報課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、MONEYzineにて主に自社書籍の紹介記事やインタビューを掲載しています。

バックナンバー

連載:翔泳社 新刊紹介

もっと読む

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5