Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

MBaaSのParseが1年後にサービス終了へ、Parse APIを引き続き利用可能な「Parse Server」とデータベース移行ツールがリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/01/29 14:25

 米Parseは、Parse APIをNode.jsアプリケーションに提供可能な「Parse Server」と、データベース移行ツールを1月28日(現地時間)にオープンソースで公開した。今回の「Parse Server」およびデータベース移行ツールの公開は、Parseが発表した2017年1月28日(現地時間)のサービス終了にともなう措置。

 「Parse Server」の利用によって、Parseのサービス終了以降も、クライアント側コードの大きな変更なしに、引き続きParse APIを用いたアプリケーションを使用できる。また、「Parse Server」の提供開始にともない、クライアントSDKはParseのサービスに依存せずに使えるようになった。

 「Parse Server」はNode.jsで構築され、高速なWebアプリケーションフレームワークとして動作し、プッシュ配信、分析、設定をサポートする。

 データベース移行ツールは「Parse Server」に含まれており、Parseアプリを自身のホストするMongoDBインスタンスで利用可能にするツール。

 データベースのバックアップ、バックアップデータのリストアに対応するとともに、クエリ・パフォーマンスを向上し、他のアプリに影響を受けないアプリ動作を実現する。さらに、アプリのデータへのアクセスや、クエリによるインデックスの修正、追加、微調整ができる。


【関連リンク】
Parse(英語)
「Parse Server」(英語、GitHub)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5