Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Apache、データウェアハウス構築環境「Apache Hive 2.0.0」をリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/02/17 14:05

 米Apache Software Fundationは、Hadoop上で利用可能なデータウェアハウス構築環境のメジャーバージョンアップ「Apache Hive 2.0.0」を、2月16日(現地時間)に公開した。

 Apache Hiveは、Hadoop上で構築され、分散ストレージ上での巨大なデータセットの問い合わせや管理に対応したデータウェアハウス構築環境。ETL(Extract/Transform/Load)ツールを備えており、さまざまなデータ形式に対応する。また、Apache HDFSやApache HBaseなどに格納されたファイルへの直接アクセスが可能で、Apache Hadoop MapReduceとApache Tezフレームワーク上のクエリを実行できる。

 今回リリースされたバージョン2.0.0では、substring_index関数(指定番目の区切り文字より前の文字列を返す)、quarter関数(四半期を扱う)、aes_encryptおよびaes_decrypt関数(暗号化/復号)の追加や、WHEREやINの列指定で複数列や式を指定可能になったほか、非常に多岐にわたる新機能の実装や機能改善、および不具合の修正が行われている。詳しくは、Apache Hive 2.0.0のリリースノート(英語)を参照のこと。


【関連リンク】
「Apache Hive」(英語)
Apache Software Fundation(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5