Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

日本IBMとソフトバンク、「IBM Watson」を利用した日本語版コグニティブサービスの提供を開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/02/18 17:52

 日本アイ・ビー・エム(日本IBM)とソフトバンクは、「IBM Watson」を活用したアプリケーションの開発を可能にする、6種類のコグニティブサービスの日本語版の提供を、2月18日に開始した。

 「IBM Watson」のAPIは、日本語で提供され、さまざまなソリューションを含む。

 コグニティブ・アプリケーションが日本語のニュアンスを理解できるサービスとしては、意図や意味を理解し、異なる方法でなされた質問でもユーザーが回答を見つけ出す製品やアプリケーションの開発が可能な「Natural Language Classifier」(自然言語分類)、人間が質問する際の個人的なスタイルに合わせた会話を生み出し、自然なインタラクションを実現する「Dialog」(対話)、機械学習の活用によってデータ中の「信号」を検知し、ユーザーの情報検索を支援する「Retrieve and Rank」(検索およびランク付け)、PDFやWord、HTMLといったフォーマットの異なるコンテンツを、「IBM Watson」で利用できるフォーマットに変換する「Document Conversion」(文書変換)を用意する。

 さらに、「Speech to Text」(音声認識)サービスと「Text to Speech」(音声合成)サービスによって、日本語でのアプリケーション開発を可能にする技術を提供していく。


【関連リンク】
日本アイ・ビー・エム
ソフトバンク
「IBM Watson」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5