Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

エクセルソフト、メディア・アプリケーションの開発を支援する「インテル Media Server Studio 2016」を発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/03/08 11:35

 エクセルソフトは、組込み/データセンター向けメディア・アプリケーションの開発を支援する「インテル Media Server Studio 2016」を、3月3日に発売した。

 「インテル Media Server Studio」は、インテル Xeonプロセッサーとインテル CoreTMプロセッサー向けの、エンタープライズ・メディア・ソリューションを開発、デバッグ、展開するためのライブラリーと分析ツールを提供する。これにより、エンコーダーやデコーダー、リアルタイム・ストリーミング、テレビ会議、ビデオ解析のためのトランスコーダーなど、Linux/Windows向けメディア・アプリケーションの開発が可能となる。

 今回発売する最新版では、以前のバージョンと比較してパフォーマンスや品質が10%向上し、HEVC GPUアクセラレーション・パフォーマンスを向上させた。さらに、簡単にOpenCL、インテル Media SDKにより最適化されたアプリケーションのグラフィックス・プロセッサーの使用状況を確認することができる。

 このほか、特別にチューニングされた低遅延HEVCモードのテレビ会議の支援や、4K解像度のエンコーディング・ストリームだけでなく、ソフトウェア・エンコーダーとGPUアクセラレーション・エンコーダーの両方で8Kをサポートする。

 「インテル Media Server Studio 2016」の税別価格は下記の通り。

  • Essentials Edition:85,000円
  • Professional Edition:680,000円
  • Professional Edition Unlimited:13,600,000円

 
【関連リンク】
エクセルソフト
「インテル Media Server Studio 2016」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5