Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

コンパクトなリアルタイムアプリを実現するJavaScriptフレームワーク「Feathers 2.0」がリリース

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/03/16 15:55

 JavaScriptフレームワーク「Feathers」の開発チームは、最新版となる「Feathers 2.0」を3月15日(現地時間)にリリースした。

 Feathersは、複雑なリアルタイムアプリを作れるクロスカッティングコンサーンと、コンパクトなコードによって迅速な開発が可能なREST APIを組み合わせた、サービス指向アーキテクチャを採用したJavaScriptフレームワーク。

 ES6に準拠しており、Express、Socket.io、Primusとの完全互換ラッパを備えている。作成したアプリは、ブラウザだけでなくReact上でもネイティブ動作し、サーバサイドでも実行できる。また、専用クライアントを利用すれば、認証機能の追加、サーバ/クライアント間での承認やビジネスロジックコードの共有にも対応する。

 このほか、MongoDB、Postgres、MySQL、S3など、さまざまなデータソースへのデータアクセスが可能で、認証、SMS、メールと連携できるプラグインも用意している。


【関連リンク】
Feathers(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5