Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「Git 2.8.0」がリリース、submodulesの並列フェッチが可能に

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/03/29 13:20

 オープンソースのバージョン管理システムGitの開発チームは、最新バージョンとなる「Git 2.8.0」を3月28日(現地時間)にリリースした。

 「Git 2.8.0」では、新機能としてsubmodulesの並列フェッチが可能になる。submodulesは、他のレポジトリをレポジトリのサブディレクトリのように使える機能で、プロジェクトへのライブラリや外部の依存関係の統合に便利。しかし、多数のsubmodulesがある場合フェッチに時間がかかるが、今回の新機能により実行時間が短縮される。

 また、.gitconfigでユーザー名とメールアドレスを指定している場合、.gitconfigの指定と異なるユーザー名やメールアドレスでコミットした際に、警告は表示されるものの、コミット自体は実行されてしまうが、「Git 2.8.0」では異なるユーザー名やメールアドレスでのコミットを禁止する設定が追加された。

 さらに、今回のリリースではGit for Windowsプロジェクトにおける成果の還元によって、プラットフォームにまたがる新機能の追加を行いやすくしている。加えて、従来はLFのみ対応していた改行コードが、CRLFにも対応した。

 なお、「Git 2.8.0」では現時点で悪用されたケースは見られないものの、悪意のあるレポジトリから任意のコードを実行できてしまう脆弱性「CVE-2016-2324」に対する修正が追加されており、旧バージョンのユーザーにも修正を呼びかけている。

 このほか、clean/smudgeフィルターを停止する機能や、.gitconfigが誰によって変更されたかを確認する機能、ファイルの行末コードを確認する機能、リモートのレポジトリのデフォルトブランチを確認する機能、rsyncプロトコルを利用したクローンニング機能など、多数の機能が追加された。


【関連リンク】
Git(英語)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2016/03/30 12:15 Git 2.8の新機能として「submodulesの並列フェッチが可能になった」とすべきところを、「submodules機能自体を追加」というように記述しておりました。誤った情報を公開してしまい、大変申し訳ございませんでした。

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5