Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「Pythonエンジニア育成推進協会」が2016年7月に設立予定、技術の習熟度を問う資格のベータ試験を2016年夏から開始

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/04/21 12:48

 ビッグデータ分析、機械学習などの領域に牽引されるPythonエンジニアの需要増を見込み、日本における人材育成を目的とした「一般社団法人Pythonエンジニア育成推進協会」の発起人会が4月21日に発足した。団体の設立時期は2016年7月を予定。

 活動内容としては、「初学者向けに学習の目安を提供し、試験によって習熟度チェックを行う」「シンプルで分かりやすく自然なPythonのプログラミングスタイル(Pythonic)の普及促進」などを挙げている。

 試験は、現時点で「Python 3 エンジニア認定基礎試験(文法基礎を問う)」「Python 3 エンジニア認定データ解析試験(Pythonを使ったデータ分析の基礎や方法を問う)」の2種類が企画されており、2016年の夏に無料のベータ試験を開始し、2017年の春から全国のオデッセイコミュニケーションズの試験センターで、コンピューターを使用して解答を選択するCBT形式のテストが実際される計画となっている。

 主教材には、それぞれ『入門 Python 3』『Pythonによるデータ分析入門』(ともにオライリー・ジャパン)が指定されており、1時間以内に40問を解答し、合格ラインは正答率70%。受験料は税別1万円(学生は5千円)を予定している。試験問題はNECマネジメントパートナー株式会社が作成し、Pythonエンジニア育成推進協会関係者が監修を行う。

コーポレートロゴ
コーポレートロゴ
発起人会に集った運営者候補(前列左から:CMSコミュニケーションズ 寺田学氏、吉政創成 吉政忠志氏、ビープラウド 佐藤治夫氏/後列左から:NECマネジメントパートナー 山崎明子氏、NEC 菅野亨太氏)

発起人会に集った運営者候補
(前列左から:CMSコミュニケーションズ 寺田学氏、吉政創成 吉政忠志氏、ビープラウド 佐藤治夫氏/
後列左から:NECマネジメントパートナー 山崎明子氏、NEC 菅野亨太氏)

 
【関連リンク】
公式サイト
公式Twitter(@pythonic_exam)
公式facebook
公式connpassグループ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5