Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

誰もが簡単にデータビジュアライゼーションできる世界を目指して! 日本発OSSプロジェクト「E2D3」とは

人を巻き込むOSSの作り方 ~ データビジュアライゼーションプロジェクト「E2D3」の事例から 第1回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/11/22 13:59

 近年、ビッグデータを利活用するためにデータビジュアライゼーションが注目されています。データビジュアライゼーションには、データリテラシーのほか、ウェブサーバやプログラミング言語の知識が必要となりますが、一般ユーザがそれらを使いこなすのは至難の業。仮にエンジニアに開発を依頼したとしても、定期的なデータ更新を必要とするため、リソースやコスト不足が立ちはだかります。そこで、世界で10億人使うといわれ、分析ツールとして最も身近なExcel上でデータビジュアライゼーションを可能にすることを狙い、有志のエンジニアが集結して「E2D3(イーツーディースリー)」が開発されました。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 佐藤 奈津紀(サトウ ナツキ)

     E2D3の広報担当。本業のプライマルホールディングス(株)でも広報・マーケティングに従事。グループ会社のひとつ、大手企業を中心とした新規事業に特化したコンサルティング会社・プライマル(株)では、新規事業をしたいorセキュリティに強いエンジニアを絶賛募集中。お話しだけでも聞いてみたい方はrecrui...

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5