Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

スマホアプリから操作できて、Groveセンサーと繋げられる小型IoTデバイス「Wio Node」

IoT Starter Studio 第2回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 前回に引き続き、今回もIoTハックに興味のある人に向けて、ハッカブルなIoTデバイスを紹介していきます。今回紹介するのは、中国のメーカー「Seeed Studio」が開発した、アプリから操作できるIoTデバイス「Wio Node」です。

目次

今回紹介するのは「Wio Node」

 こんにちは。dotstudio株式会社で、IoTや技術系の記事を編集しているエディターの榎本麗(@uraranbon)です。今回紹介するのは、中国のメーカー「Seeed Studio」が開発した、アプリから操作できるIoTデバイス「Wio Node」です。

 こちらが今回紹介する「Wio Node」。ご覧の通りとても小さなデバイスです。開発ボードとlittleBits(磁石で電子回路をつなげられる、電子回路を楽しく学べるおもちゃ)の中間のようなデバイスです。

 米サンフランシスコに拠点を構える、中国のメーカーで「Seeed Studio」が開発しています。

Wio Node

  • 正式名称:Wio Node(うぃお のーど)
  • 電源供給方法:USB給電
  • バッテリー:非搭載
  • 駆動電圧:3.3V
  • サイズ:28mm x 28mm
  • Wi-Fi:搭載
  • Bluetooth:非搭載
  • SoC(System On a Chip):ESP8266

Groveセンサーを繋げるだけで電子工作が可能

 通常のセンサーよりも簡単に接続できる、Groveセンサーのポートが初めから搭載されています。余談ですが、実はこの「Grove規格」を作ったのはWio Node開発元の「Seeed Studio」なんです。

Wi-Fiへの接続が簡単

 一般的なマイコンボードをネットワークに繋ぎたいときは、Wi-Fiドングルや有線LANが必要になり、初心者は戸惑う場合が多いです。しかし、Wio Nodeは、前回紹介したNefryと同様にESP8266を搭載しており、最初からWi-Fiに対応。そのため、そういったアイテムを用意しなくてもすぐに開発を始められます。

 接続時間を抑えられることで、開発に集中できますね。

AndroidとiOSアプリから操作可能

 Seeed Studioは開発専用のアプリ「Wio」を提供しています。このアプリでは、タップやドラッグ&ドロップといった視覚的な操作が可能です。

 プログラミングやはんだ付けなどを行わずに開発ができるため、ハードウェアやソフトウェアの専門知識がなくてもすぐにデバイスを使い始められます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 榎本 麗(dotstudio株式会社)(エノモト ウララ)

     IoTやテクノロジー記事を編集するテクニカルエディター。大学3年次から、月間600万PVのオウンドメディアを運営する株式会社LIGに約1年半インターンとして参加し、2015年に同社へ新卒として入社。2016年7月にはdotstudio株式会社に参加し、テクノロジー系の編集に関わりつつ、プログラミン...

バックナンバー

連載:IoT Starter Studio

もっと読む

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5