Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

初心者にやさしいGrove搭載の「Seeeduino」で簡単プロトタイピング

IoT Starter Studio 第3回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載では、IoTハックに興味のある人に向けて、ハッカブルなIoTデバイスを紹介していきます。今回紹介するのは、中国のメーカー「Seeed Studio」が開発したマイコンボード「Seeeduino」です。

目次

 こんにちは、dotstudio株式会社でデザイナーをしているちゃちゃまる(@chachmaru)です。

 最近流行りの電子工作に興味はあるのですが、ワイヤーがたくさんはんだ付けされていて難しそう、と思ってしまいなかなか手が出せませんでした。

 そんなときおすすめしたいのが、中国のメーカー「Seeed Studio」製の「Seeeduino」というマイコンボード。僕のような初心者でも簡単に、そして手頃に遊ぶことができたので、今回はこのSeeeduinoを紹介していきたいと思います。

Seeeduinoの親、「Arduino」

 いきなり紹介に入る前に、少し概要から説明したいと思います。

Arduinoとは

 Arduinoは、マイコンボードやArduino言語、またそれの統合開発環境などを含めたシステムのことを指します。安価にロボットのプロトタイプを製造できるよう、2005年にイタリアで考案されました。オープンソースハードウェア(設計や実装などの情報が無料で公開されているハードウェア)であり、最近流行りの「IoT」(Internet of Things:モノのインターネット)におけるデバイスの一つとして注目を浴びています。

色々なArduinoの種類

 Arduinoボードには、誰でも簡単に使える「Arduino UNO」や、小型版の「Arduino Mini」や「Arduino Nano」など、たくさんの種類があります。また上記でも述べたとおり、Arduinoの情報は全て公開されているので、第三者がArduinoチームの作ったマイコンボードに変更を加えて売ることも可能です。そのたくさんあるArduinoボードやArduino派生ボードの中の一つがSeeeduinoという訳です。

誰でも簡単に使えるSeeeduino

 こちらが今回紹介するSeeeduino。Arduinoボードは青いのですが、それとは対照的に赤色と黄色になっています。

Seeeduino

  • 正式名称:Seeeduino v4.2(しーでゅいーの)
  • 電源供給方式:Micro USB
  • サイズ:53.4mm x 68.6 mm
  • 重さ:26g
  • Groveポート:3
  • デジタルピン:14
  • アナログピン:6

初心者に優しいGrove

 Seeeduinoのおすすめポイントは、なんといってもGrove端子です。Groveとは、Seeeduinoを製造している中国のメーカーSeeed Studioが作ったコネクタの種類です。Grove規格では4本のワイヤーをひとつにまとめてモジュール化しているため、はんだ付けなどは必要なく、直感的にボタンやセンサーなどを取り付けることができてしまいます。

 ではさっそく、ハードウェアにおける「Hello World」であるLチカ(LEDをチカチカさせる)をやってみます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • ちゃちゃまる(dotstudio株式会社)(チャチャマル)

     デザインやWEB、IoTなどテクノロジー全般に興味があるデザインエンジニア。  高校三年時、株式会社LIGにアルバイトとしてジョイン。2016年4月に早稲田大学へ入学し、7月からdotstudioでグラフィックデザインとWEB制作を主に担当している。 Twitter:@ch...

バックナンバー

連載:IoT Starter Studio

もっと読む

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5