Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

CData Software Japan、データベースからREST APIを自動生成する「CData API Server」のベータ版を公開

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/10/14 11:20

 CData Software Japanは、データベースからREST APIを自動生成するサーバツール「CData API Server」のベータ版を10月14日に公開した。

 「CData API Server」は、リレーショナルデータベースを接続するだけで、フルスペックのREST APIを公開でき、自社サービスAPIの外部への公開や、API連携サービス/クラウドBI/データ連携ツールでのオンプレミスデータの利用、企業内システム間または企業―パートナー間でのセキュアなデータ連携などを実現する。

 コーディングは不要で、Point-and-clickのみでOpenAPIベースのREST APIの公開を可能にしており、ドキュメントの自動生成にも対応するほか、SSLによる暗号化、ユーザー管理、アクセス管理、レート制限、モニタリングといった、エンタープライズレベルの管理機能も搭載している。

 ラインアップは、Windows版とCross-Platform Unix/Linux/Mac版を用意しており、Windows版は組み込みの独自サーバ、IIS、Azure上のAppService上にホストできる。Cross-Platform版は、Tomcat、JBoss、WebSphereなどさまざまなサーバに対応する。

 なお、今回公開したベータ版では、RDBのみをサポートしているが、今後は対応データベースを順次拡大していく。製品版のリリースは2016年度内を予定している。


【関連リンク】
CData Software Japan
「CData API Server」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5