Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「トップエスイー」の目指す「学術と実践の架け橋」がさらなる成果を生みだすために期待すること――修了者が語るカリキュラムの実際と受講のメリット(後編)

高度IT人材を育成する産学連携の架け橋「トップエスイー」 第2回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/11/25 14:00

 最新の技術や学術的な知見を、現場での業務に生かすことができるエンジニアを育成する教育プログラム「トップエスイー」。今回、過去に「トップエスイー」を受講した2名の修了生に、実際のカリキュラムや受講から得られたメリット、今後の「トップエスイー」に期待することなどについて聞いた。

目次

 この記事の「前編」では、国立情報学研究所、GRACEセンター(先端ソフトウェア工学・国際研究センター)が提供している教育プログラム「トップエスイー」の修了生に、受講のきっかけや、実際に学んだ内容について話を聞いた。「後編」では、カリキュラムの修了要件となっている「修了制作」のテーマや、その制作にどのように取り組んだか。さらに、ここで学んだ知識を業務の中にどのように生かしていこうとしているのか。来年度から「アドバンスコース」が新設されるトップエスイーに期待することなどについて、受講者からの視点で語ってもらった。

出席者

  • SCSK、松本琢也氏……第6期(2011年度)受講
  • ソニー、礒﨑亮多氏……第9期(2014年度)受講
SCSK 松本琢也氏(左)、ソニー 礒﨑亮多氏(右)
SCSK 松本琢也氏(左)、ソニー 礒﨑亮多氏(右)

聞き手

  • 国立情報学研究所特任講師(トップエスイー講師)、河井理穂子氏
トップエスイー講師 河井理穂子氏
トップエスイー講師 河井理穂子氏

業務と受講を両立させるためのコツ
-「修了制作」には時間が足りない?

河井:トップエスイーでは、1年間のカリキュラムの修了要件として、皆さんの現場が抱えている実問題を講義で学んだ技術を使って解決を試みる「修了制作」を課しています。実践力が問われるやりごたえのある課題だったと思うのですが、お二方は具体的に「修了制作」として、何をテーマにされたのでしょうか。また、実際に取り組む中で何が大変だったかについて聞かせてください。

礒﨑:私は「セキュリティ」をテーマにしました。

河井:コースとして選んだ「クラウド」ではなかったのですね。

礒﨑:はい。自分としては、せっかく幅の広いカリキュラムが用意されているので、その中で興味や関心のあることを偏らないように、幅広くやりたかったんです。もともと「セキュリティ」については、系統立てて勉強をしておきたいという思いもありましたし、受講時期にOSSの「OpenSSL」に脆弱性が発見されて、会社としてもかなり大変な思いをしていたので、それをテーマにできればちょうど良いという考えもありました。一方で、仕事上、コードを書く機会が少なくなっていたので、個人的にコードをたくさん書くようなテーマにしたいとも思っていました。

河井:具体的な制作内容はどんなものだったのでしょう。

礒﨑:セキュリティにもいろいろなレイヤがあるのですが、私がテーマに選んだのは「ソースコード」のセキュリティで、それを診断するための検査ツールを実際に作りました。トップエスイーのセキュリティに関する講座の中でも概論にあたる部分をさらに深掘りするという感じで進めました。

 制作にあたっては、さまざまなアルゴリズムに関する論文を調査し、その中から現場に近い課題を見つけるといったところから始め、それを検査するためのツールを作って、評価するところまでやりました。本当は論文を書くところまでやりたかったのですが、それについては時間が足りなくて断念しました。通常、修了制作は3か月が標準だそうですが、私の場合は半年間を使って、いろんなOSSのソースコードを読んで、評価するという作業を繰り返していました。

修了制作の成果を、修了式の前にポスターセッションとして一般にも公開している。同期生や講師だけでなく、修了生や企業の教育担当者も参加し、ディスカッションが展開されている。写真は2016年3月の修了式開催日に行われたポスターセッションの様子。
修了制作の成果を、修了式の前にポスターセッションとして一般にも公開している。
同期生や講師だけでなく、修了生や企業の教育担当者も参加し、ディスカッションが展開されている。
写真は2016年3月の修了式開催日に行われたポスターセッションの様子。

河井:その修了制作が、現在、何らかの形で会社での業務に役立っていますか。

礒﨑:作ったツール自体もそうですが、それ以上に、ツールを作るために非常に多くのOSSに触れ、コードを読み込んだことも間接的に役立っていますね。今は、ソニービジュアルプロダクツに出向しておりまして、液晶テレビを使ったサイネージシステムを手がけているのですが、そこでは、ソフトウェア開発にかかるコストを下げ、効率を上げるためにOSSを積極的に活用する方向性にあります。そのためには、OSSの持つ特徴やクセを、利用する側がよく理解している必要があるのです。その意味で、修了制作のためにOSSを大量に読んだ経験は業務に生きていると思います。

松本:私は受講当時、現場での開発から離れたところにいたので、修了制作のテーマをどうするかについては少し悩んだのですが、結果的に、当時の自分の関心事だった「上流工程」に関することをテーマにしました。

 具体的には、プログラミングにおける「デザインパターン」のような汎用的なモデルが、「要求定義」にもあるのではないかと考えて、それを作っていくというのをテーマにしました。私の会社では、さまざまな業種業界で利用されている情報システムの受託開発を承っているのですが、要求定義において、必要とされる機能やデータフローが業種ごとにいくつかの類型にまとめられるのではないかと感じていました。このパターンをベースにシステムを作っていくことで、より効率的で品質の高いシステム開発が可能になるのではないかと思ったのがきっかけです。

 この修了制作については、現在も個人的にいろいろと試しながら業務に生かせるものにできないかと試行錯誤している状況ですね。

河井:修了制作での成果を、実際の業務で活用できる見込みがありそうなのですね。

松本:上流工程では、お客様の要求を聞いて、それを設計に落としていくという作業を行います。この分野は、担当者の「カンと経験」がものをいう工程だという認識が根強くあり、実際に担当者のスキルによって、工数が大きく変わってきます。

 お客様との直接の会話を通じた意思疎通という側面があるため、たしかに「カンと経験」は必要ですが、個々のスキルレベルやシステムの品質を上げていくために有効な手段は、それだけではないはずです。知識としての「メソドロジ」は、学べばすぐに実践できるという性質のものではありませんが、エンジニアがそれを知ったうえで取り組めているかどうかというのは、重要な要素だと思っています。

 まだ取り組みの途上ですけれども、例えば、ここで学んだことや修了制作の成果を、自分の知識としてとどめておくだけでなく、社内の勉強会で共有するような機会を多く作っていきたいと思っています。そうすることで、社内の知識レベルの底上げができたり、新しいメソドロジに関してチームでの採用にチャレンジするような土壌作りが進んだりという形で、メリットが出てくる可能性があると思います。

河井:お二人とも、修了制作には非常に意欲的に取り組まれましたが、実際にやってみての感想はどうでしたか。特に、時間的なやりくりはどうされましたか。

礒﨑:たしかに「時間」という意味では非常に大変でしたね。普段は業務をやっているわけですし、トップエスイーでも他の講義に出る時間やレポートを書く時間が別にありますから。修了制作では、担当の教官にアポイントをとり、そこに自分なりのアイデアを持っていってアドバイスをもらうといったことを繰り返したのですが、テーマ決めから、成果物の作成に至るまで、かなり苦労しました。

河井:業務と授業の両立のために、自分なりに工夫されたことはありましたか。

礒﨑:私の場合は、講義が土曜日に集中するクラウドコースだったので、平日は業務中心、土曜は講義、日曜日にレポートや修了制作に本腰を入れるといった形にしていました。日曜日のまともな休みは1年間ないと覚悟しましたね(笑)。まぁ、夏にはその生活にも慣れて、時間は作れるようになりましたけれど。

松本:1年できちんと修了するために、職場の理解は大事だというのは感じましたね。IT業界って、やはりなんだかんだと残業があたりまえのようになっているところがあるじゃないですか。トップエスイーの授業が業務の一環だと捉えて、それを周囲にも理解してもらうことは必要だと思います。

 幸い、私の場合は当時いた「人材育成」に関する部署の業務の一環として通っていましたので、上司からも理解を得られ、比較的スケジュール調整はしやすかったです。もっとも、それで会社での業務が減るわけではないので、1年間は大変だったというのが正直な感想です。

 ただ、大学を出て会社での仕事になれると、自分から自発的に勉強をする機会というのはどうしても減りがちですよね。ここに通った1年の間に、自分で自分にストレスを与えて勉強をするクセをつけられたという意味では、大変なりに得るものがあったと思っています。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 高橋 美津(タカバシ ミツ)

    PCやネットといったIT分野を中心に、ビジネスやゲーム分野でも執筆を行うフリーランスライター。Windowsユーザー。

バックナンバー

連載:高度IT人材を育成する産学連携の架け橋「トップエスイー」
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5