Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

3Dプリンタ、電子工作……何から始める? 誰もがメイカーになれる時代の教科書『The Maker's Manual』刊行

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/12/06 07:00

 3Dプリンタなど高価な機材をリーズナブルに利用できるようになった今、多くの人に自分のアイデアを形にする機会がもたらされています。さらに、電子工作やIoTによってモノに命を与えることもできるのです。翔泳社ではそんな時代を楽しむための『The Maker's Manual』を12月5日に刊行しました。

 誰でも一度は「こんな製品があれば便利なのに」と考えたことがあるでしょう。これまでは、それを作ってくれそうな企業に要望を送ることしかできませんでした。ところが、今では自分で安価に手軽に作るための手段がたくさん誕生しています。

 かつてプロのためのものだった高価な3Dプリンタは5万円程度で手に入るようになり、個人でも本格的な機材を利用できるようになりました。さらにRaspberry Piのようなコンピュータが登場し、アイデア次第でIoTや電子工作を簡単に楽しめる潮流、すなわちメイカームーブメントが生まれました。

The Maker's Manual フィジカルコンピューティングのための実践ガイドブック』は、そんな時代を最大限に楽しむための入門書です。アイデアの生み出し方、3Dデータからの成形、ソフトウェア制御まで、エレクトロニクスの魔法でモノに命を与えるフィジカルコンピューティングについて広く紹介しています。

 誰もがWebデザイナーになったのが1990年代だとしたら、誰もがフィジカルコンピューティングを活用したメイカーになれるのがこれからの時代なのです。

 さて、皆さんは何から始めてみますか?

The Maker's Manual

Amazon    SEshop    その他

The Maker's Manual
フィジカルコンピューティングのための実践ガイドブック

著者: パオロ・アリベルティ、アンドレア・マイエッタ
監修:坪井義浩
発売日:2016年12月5日(月)
価格:3,542円(税込)

Makerムーブメントはどこから来たのか、アイデアの活かし方、プロジェクト化の問題、3Dプリンタなどをはじめとした製作技術、ソフトウェア開発の技法や知識など、制作を実現するための知識を学ぶことができます。

 



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 渡部 拓也(ワタナベ タクヤ)

     翔泳社マーケティング広報課。MarkeZine、CodeZine、EnterpriseZine、Biz/Zine、MONEYzineにて主に自社書籍の紹介記事やインタビューを掲載しています。

バックナンバー

連載:翔泳社 新刊紹介

もっと読む

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5