Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

テクマトリックス、アーキテクチャ分析ツール「Lattix 10」日本語版を発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/12/06 16:15

 テクマトリックスは、米Lattixのアーキテクチャ分析ツール「Lattix 10」の日本語版を、12月6日に販売開始した。出荷開始は12月22日。

 「Lattix」は、ソフトウェアの構造と依存関係をDSM(Dependency Structure Matrix)によって可視化できるアーキテクチャ分析ツール。

 最新の「Lattix 10」では、アーキテクチャチェッカー機能を強化し、チェック可能な項目を数多く追加。使用されていないインクルードファイルや、不十分なカプセル化・継承階層に関する問題など、アーキテクチャ関連の問題検出を可能にした。

 さらに、アーキテクチャ分析結果やレポートを、Webブラウザからダッシュボード形式で閲覧できる「Lattix Web」機能を刷新し、アーキテクチャダイアグラムの分析結果表示に対応するとともに、表示可能なレポートの種類を追加している。

 このほか、DSM要素の展開や折りたたみ、2項目間の依存関係の詳細表示、アーキテクチャチェッカー機能の実行への対応、各種レポートやチャートの表示/非表示の切り替え、表示位置の変更にも対応し、操作性を大幅に改善した。

 対応OSは、Windows 10/8.1/7/Vista、Windows Server 2012/2008、Linux(x86/x86-64)。分析対象は、.NET、C/C++、Java、Excel、LDI(Lattix Data Import)、UML/SysML、Oracle、SQL、Ada。


【関連リンク】
テクマトリックス
「Lattix」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5