Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

グレープシティ、SalesforceにExcelライクなUIを提供する「GrapeCity Spreadsheet for Salesforce」を発売

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/12/08 12:05

 グレープシティは、SalesforceにExcelライクなユーザーインターフェースを提供するAppExchangeアプリ「GrapeCity Spreadsheet for Salesforce」を、12月7日に発売した。税別の月額利用料は、1ユーザーあたり1500円。

 「GrapeCity Spreadsheet for Salesforce」は、Salesforceの取引先、取引先責任者、リードといったオブジェクトに対して、複数のビューを簡単に作成できる。ビューの表示項目は、オブジェクトおよび参照オブジェクトから選択可能で、データの参照だけでなく、編集、更新、削除にも対応する。また、Salesforceの既存のビューのインポートもできる。

 ビューは、Excelのような操作が可能で、データのソートやフィルタリング、グループ化、条件付き書式の設定、文字列の検索/置換、および「F2」キーでセルを編集モードにしたり、「Ctrl」+「C」でコピー、「Ctrl」+「V」でペーストしたりといった、Excelライクなキー操作にも対応している。

 ほかにも、Excelデータのコピー&ペーストや、Salesforce標準ビューのインポート、ビューのExcel形式/CSV形式でのエクスポート、「Chatter」フィードの登録機能など、多彩な機能を搭載する。

 グレープシティは、「GrapeCity Spreadsheet for Salesforce」の発売にともない、2ユーザー分の月額利用料を永続的に無料にする「2ユーザーずーっと無料キャンペーン」と、全ユーザーの月額利用料を永続的に33%割り引く「全ユーザーずーっと33%OFFキャンペーン」を、2017年3月31日まで実施している。


【関連リンク】
グレープシティ
「GrapeCity for Salesforce」
「GrapeCity Spreadsheet for Salesforce発売記念キャンペーン」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5