Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「Google」に関する記事

84件中1~20件を表示
  • 2017/06/09

    Google Cloud Platformの世界観を伝える実用的な入門書ができた――中井悦司&阿佐志保インタビュー

     技術を根本から理解して使いこなす面白さや喜びを伝えたい――そう語るのは『プログラマのためのGoogle Cloud Platform入門』の著者、中井悦司さんです。また、共著者の阿佐志保さんは「クラウドサービスの利用はこれからのエンジニアの必須スキル」と言います。本書刊行に際し、お二人に読みどころやGCPについてうかがいました。

  • 2017/06/02

    プログラマが今からGoogle Cloud Platformを使いこなすには? 第一線に立つ著者による入門書刊行

     翔泳社では6月5日(月)に『プログラマのためのGoogle Cloud Platform入門』を刊行します。これからGCPの利用を検討しているプログラマが、インフラ技術の基礎知識から学べる本書。GCPで提供される主要なサービスの機能と特徴はもちろん、これらのサービスをどのように組み合わせるかというアーキテクチャの考え方、具体的な環境構築の手順も理解できるようになります。

  • 2016/12/01

    ページランクのアルゴリズムをC++で試してみる

     前回Google Mockを紹介したこともあって、Googleがらみのトピックを探していたところ、"How Google Finds Your Needle in the Web's Haystack:GoogleはどうやってWebの干草の山から針を見つけ出すのか"というタイトルの解説記事に辿り着きました。Googleでの検索結果は有用な(あるいは人気のある)ページが検索リストの上位に並びます(広告云々は別として)。各ページの有用さの度合いを計算し、それをキーに並び替えを行っているのでしょう。...

  • 8090.png
    2014/09/12

    Google API互換のAPIを自作してみよう!~ API Explorerの仕組みを利用して

     本連載では、Googleが提供する様々なプラットフォームやサービスに関する情報を定期的に紹介していく予定です。今回は、前回に説明した、ほとんどのGoogle APIで利用できるAPI Explorerの便利な仕組みを、自分のアプリケーションで利用する手順を説明します。最初に、認証が必要ないシンプルなパターンで実装する方法を説明し、その次に、認証を要求する方法を説明します。

  • all-that-google-techs.png
    2014/08/19

    これだけ押さえておけばあらゆるAPIを呼び出せる! Google APIを使用するための基本

     本連載では、Googleが提供するプラットフォームやサービスに関する情報を定期的に紹介していきます。今回は「Google APIs」と呼ばれる、各種リソースへアクセスするAPIの基礎となる部分を紹介します。Googleは様々なAPIを提供していますが、今回説明する「基本」を学んでおけば、あらゆるAPIを簡単に使うことができるようになります。

  • 7707_t.gif
    2014/04/09

    HBaseでトランザクションを扱ってみよう

     前回は、HBaseをSQLで操作することができるライブラリ「Phoenix」を紹介しました。今回は、本連載の最後のテーマとして、HBaseでトランザクションを扱うことのできる「Omid」というライブラリを紹介します。

  • 2014/03/05

    HBaseをSQLで操作してみよう(後編)

     前回は、HBaseをSQLで扱えるライブラリPhoenixを紹介し、簡単に動かしてみました。今回は、さらにPhoenixの高度な機能を使ってみましょう。

  • 2014/01/30

    HBaseをSQLで操作してみよう(前編)

     今回は、HBaseをSQLで操作しRDBのように扱えるようにする、Salesforceが開発したライブラリ「Phoenix」を紹介します。

  • 2013/12/27

    HBaseを使ってグラフDBを作ってみよう(後編)

     前回はグラフDBに、リレーションシップのプロパティによるセカンダリインデックス機能を追加しました。今回は、さらにグラフDBの使い勝手を良くする機能を追加していきます。

  • 2013/11/15

    HBaseを使ってグラフDBを作ってみよう(中編)

     前回は、株式会社サイバーエージェントでのHBaseのユースケースの一つであるグラフDBを作りました。今回は、前回作成したグラフDBにリレーションシップのプロパティによるセカンダリインデックス機能を追加していきます。

  • 7373_t.gif
    2013/10/02

    HBaseを使ってグラフDBを作ってみよう(前編)

     前回はHBaseを使ったアプリケーションのケーススタディとして、HBaseの強い一貫性を利用した簡易アクセス解析サービスを作りました。今回は、株式会社サイバーエージェントでのHBaseのユースケースの一つであるグラフDBを作ってみましょう。

  • 7233_t.gif
    2013/07/12

    HBaseを使って簡易アクセス解析サービスを作ってみよう

     前回はHBaseを使ったアプリケーションのケーススタディとして、簡易ブログサービスを作りました。今回は、HBaseの強い一貫性を利用した簡易アクセス解析サービスを作ってみましょう。

  • 7128_t.gif
    2013/05/16

    HBaseを使って簡易ブログサービスを作ってみよう

     前回はHBaseのアーキテクチャについて解説しました。今回はHBaseを使ったアプリケーションのケーススタディとして、簡易ブログサービスを作っていきます。

  • 7017_t.gif
    2013/03/05

    HBaseのアーキテクチャを理解しよう

     前回はHBaseの概要について説明し、実際にHBaseを動かしてみました。今回はHBaseのアーキテクチャについて解説していきたいと思います。

  • 6940_t.gif
    2013/01/16

    HBaseを触ってみよう

     HBaseは、Googleの基盤ソフトウェアである「Bigtable」のオープンソースクローンであり、大量データに対応した分散ストレージシステムです。HBaseを用いることで、スケーラブルで信頼性のあるデータベースを構築することができます。また、MapReduceを標準でサポートしており、HBaseに保存したデータに対してバッチ処理を行うことも可能です。しかし、SQLで扱えないことや、RDBとのスキーマ設計の考え方の違いなど、とっつきにくい部分が多々あり、戸惑う方が多いように思います。本連載で...

  • 6578_t.gif
    2012/05/21

    RadPHP XE2で始めるモバイルアプリ開発(Android編)

     RadPHP XE2を用いれば、iOS、Androidなどをターゲットとしたネイティブモバイルアプリを同じような手順で効率よく作成できます。この記事では、前回に続きRadPHP XE2でのAndroidアプリの開発方法について説明します。

  • 6343_t.gif
    2012/01/05

    Androidにおける日付処理の基本

     Androidアプリケーションは、Java言語を用いて開発できます。Androidアプリケーションの開発にあたっては、米グーグル社が提供するAndroid SDK(Software Development Kit、開発キット)の知識は当然ながら、基本となるのはJava SEです。この連載では、Javaでの開発の基礎となるJava SEを、実際にAndroid上で実行できるソースコードとともに解説します。

  • title.gif
    2011/12/14

    ストリームでの入出力処理の基本

     Androidアプリケーションは、Java言語を用いて開発できます。Androidアプリケーションの開発にあたっては、米グーグル社が提供するAndroid SDK(Software Development Kit、開発キット)の知識は当然ながら、基本となるのはJava SEです。この連載では、Javaでの開発の基礎となるJava SEを、実際にAndroid上で実行できるソースコードとともに解説します。

  • title.jpg
    2011/11/09

    「Google Chrome Deveoper Tools」はこう使う! 基本機能チュートリアル & GDD 2011 セッション概要

     11月1日に開催されたソフトウェア開発者向けのイベント「Google Developer Day 2011」。午後のプログラムでは、Google デベロッパー アドボケイト 北村 英志氏による「デベロッパーツールのティップスアンドトリックス」と題した講演が行われた。

  • 6260_t.jpg
    2011/11/02

    【Google Developer Day 2011】今後のカギはAndroid、HTML5、ソーシャルグラフ活用

     Googleは1日、ソフトウェア開発者向けのイベント「Google Developer Day 2011」を開催した。日本では2007年から毎年開催されつづけており、今年で5回目の開催となる。参加にはDevQuizと呼ばれる試験をパスする必要があり、参加権を獲得した1,500名の開発者が会場のパシフィコ横浜に集った。

84件中1~20件を表示
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5