Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「IDDD本から理解するドメイン駆動設計」連載一覧

1~3件(全3件)
  • 2016/12/16

    IDDD本の第3章「コンテキストマップ」の解説

     ドメイン駆動設計(DDD)は、顧客と開発者が業務を戦略的に理解し、共通の言葉を用いてシステムを発展させていく開発手法です。第2回の前回は「ドメイン、サブドメイン、境界づけられたコンテキスト」の概要/分割方法/評価方法について紹介しました。第3回となる本稿では、境界づけられたコンテキスト間のチーム関係を示す「コンテキストマップ」について紹介します。

  • 2016/11/08

    IDDD本の第2章「ドメイン」「サブドメイン」「境界づけられたコンテキスト」を読み解く

     ドメイン駆動設計(DDD)は、顧客と開発者が業務を戦略的に理解し、共通の言葉を用いてシステムを発展させていく開発手法です。第1回となる前回は「DDDの概要」「ユビキタス言語」「DDDを始める方法」について紹介しました。第2回となる本稿では「戦略的設計」において重要な概念「ドメイン」「サブドメイン」「境界づけられたコンテキスト」について紹介します。

  • 2016/08/01

    ドメイン駆動設計のメリットと始め方 ~ 1章「DDDへの誘い」

     本連載では、書籍『実践ドメイン駆動設計』(以下、IDDD本)の流れに沿って、重要な部分にフォーカスすることで、ドメイン駆動(DDD)について理解することをお手伝いします。初回となる今回は、1章「DDDの誘い」を解説します。

1~3件(全3件)
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5