Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「Elasticsearchと対話Botによる対話型の検索システム」連載一覧

1~5件(全5件)
  • 2017/03/13

    SlackとElasticsearchを連携し、使いやすい検索システムを作成する

     前回はSlackのBotを用いて使いやすい検索システムのUIを作成しました。今回はこれまでに作成した検索用のコンテナとUI提供のコンテナを連携し、質問しやすく使い勝手の良い検索システムを作成します。

  • 2017/01/27

    使いたくなる検索システムのUIをSlackBotで実現する

     前回はElasticsearchへ大量のデータを効率よく登録できる並列処理を紹介しました。今回はElasticsearchから少し離れて、検索システムを提供する際に重要となるUIについて説明します。そして、開発者で愛用者が多いSlackを用いて単純な返答を行うシステムを作成します。

  • 2017/01/17

    Elasticsearchへの大量データ登録の効率化

     前回はElasticsearchを起動し、テンプレートを使った文書の登録から、登録した文書を検索するところまで紹介しました。今回は、大量の文書データを高速に登録するための並列処理について紹介します。

  • 2016/10/31

    Elasticsearchを用いた日本語検索システムの実装

     今回は、前回の記事を踏まえた上でElasticsearchを用いた日本語検索システムの作成方法をサンプルコードを交えて説明します。読者の方の環境でも試せるようにVagrantfileとDockerイメージを用意しているので、実際にお手元で動作を確認しながら読み進めることも可能です。

  • 2016/10/06

    Elasticsearchを用いた日本語検索システムの理論と設定

     本連載は、対話インターフェースを利用して新しい形の検索システムを体験してもらうことを目的としています。今回は日本語検索システムでよく用いられるElasticsearchを紹介します。Elasticsearchは大規模なデータに対しても適用可能な検索機能を提供している全文検索エンジンです。特徴としてスケーラブル、検索速度の速さ、検索結果の分析のしやすさ、開発者にとって使いやすいRESTfulなAPIが挙げられます。今回の記事はElasticsearchを用いた日本語検索システムの仕組みから設定の...

1~5件(全5件)
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5