Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

アプリ開発の新しい潮流に向けて進化するJava SE 9/Java EE 8の概要【デブサミ2017】

【17-C-6】今年はJava進化の年!今知っておくべき新しいJava

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/04/07 14:00

 プログラミング言語として世界でトップシェアを誇るJava。2017年7月には待望のJava SE 9がリリースされるほか、Java EE 8も年内にリリースを予定している。本セッションでは日本オラクル株式会社 伊藤敬氏が登壇し、この2つのリリースについて注目すべき新機能やバージョン移行のポイントなどを解説した。

目次
日本オラクル株式会社 Fusion Middleware事業本部 シニアマネージャ 日本Javaユーザグループ伊藤敬氏
日本オラクル株式会社 Fusion Middleware事業本部 シニアマネージャ 日本Javaユーザグループ伊藤敬氏

待望のモジュール化機能、Jigsawが導入されるJava SE 9

 Java SE 9ではProject Jigsaw、jshellなどの新機能が追加される。

 一番の目玉はやはりProject Jigsawだろう。Java SE 8ではコンパクトプロファイルを利用することでランタイムの容量を削減できるが、コンパクトプロファイルは目的別にJava SE APIのサブセットを定義しているだけにすぎない。Project JigsawはJavaにモジュール化の概念を取り入れる機能で、任意のAPIのみを含むランタイムを作成可能だ。不要なAPIを含めないことでランタイムの軽量化、セキュリティの向上といった効果を得られるほか、モジュールを意識したプログラミングが可能になる。使用するAPIは、module-info.javaファイル内にrequires文で指定する。また、exports文により自作のパッケージをどこまで公開するかを指定可能だ。新たに追加されるjlinkコマンドを使えば、必要なAPIのみを含めたカスタムJREを作成することもできる。

 jshellは文字通り「Javaのシェル機能」で、REPL(Read-Eval-Print Loop)環境を提供する。Javaプログラムはjavacコマンドでコンパイルし、javaコマンドで実行するが、jshellでJavaのコードを入力して実行し、その結果を表示するといった使い方が可能になる。わざわざコンパイルしなくても、ちょっとしたコードやロジックの確認に役立つ機能だ。

 既存の機能に関してもさまざまな変更が行われている。

 JavaのコードからHTMLドキュメントを生成するJavadocは、HTML5に対応する。また、ついに検索機能が導入されることになった。

 注意したいのは、内部APIのカプセル化である。外部での使用を想定していない内部APIでもこれまでは制限なく使用できたが、Java SE 9からは隠蔽され、デフォルトでは直接使用できなくなる。ただし、代替APIが提供されていないものに関しては当分使用できる見込みだ。

 jarファイルの構造が拡張されることも大きい。これまでjarファイルは1つのバージョンにのみ対応していたが、複数のバージョンに対応するjarファイルを作成できるようになる。

 その他には、アプレットが非推奨となるほか、ヒープダンプを解析するjhatツールなどが削除される。

 リリースが待たれるJava SE 9だが、JDK 9に移行する際には互換性に注意しなければならない。バグの修正、セキュリティの改善、サポートするバージョンの変更など、さまざまな原因によりアプリケーションの非互換性が生じる可能性がある。

 Java SE 9では内部APIのカプセル化に伴い、sun.misc.*とsun.reflect.*の大部分が直接使用できなくなる。対策としては、jdepsツールでクラスの依存関係を調べ、該当箇所を修正する。どうしても使用したい場合は、実行時のコマンドラインでフラグを指定することで暫定的に対処する。

 モジュール化の導入により、JREのディレクトリやファイルの構造が変更され、ランタイムコアファイル(rt.jar)が削除されることにも注意が必要だ。例えば、ファイル名やファイル名の内部構造、インストールフォルダなどに依存するコードは修正して対処しなければならない。

 コンパイルに関しても新しく「one plus three back」というポリシーが導入され、対応可能なバージョンが制限される。現バージョンと3つ前までという意味だ。すなわち、JDK 9では6、7、8、9までがコンパイル可能で、5には対応していない。

 また、JDK 7と8には付属していたJava DBが非搭載となる。JDK 9では別途Apacheのサイトから入手する必要がある。

 Java SE 9ではアプレットが非推奨となるため、JDK/JRE 9環境でアプレットを実行すると「プラグインが非推奨」というメッセージが表示される。

JDK 9への移行時には互換性維持に注意が必要
JDK 9への移行時には互換性維持に注意が必要

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:【デブサミ2017】セッションレポート

もっと読む

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5