Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Android Studio2.3の新機能をCheck It Out!

Android Studioの新バージョン2.3をCheck It Out! 前編

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/05/09 14:00

 2017年3月、Android Studioの新バージョン2.3がリリースされました。注目すべき点は、なんといってもバージョン2.2から導入されたConstraintLayoutが安定したことです。他にも、画像ファイルのWebP形式への変換や、Instant Runの機能向上など、注目に値する新機能が追加されました。本稿では、前後編の2回にわたってAndroid Studio 2.3の新機能を紹介します。最も注目すべき機能であるConstraintLayoutは後編を丸々使って扱うため、今回はAndroid Studio本体の新機能を紹介します。

目次

対象読者

  • Androidアプリ開発者

Android Studio 2.3リリース

 Android Studioは頻繁にアップデートが行われています。アップデートされたタイミングとそのアップデートで追加された機能についての情報は、リリースノートで確認できます。このリリースノートによると、2.2系列の最終版である2.2.3のリリースは2016年12月でした。

 3カ月後の2017年3月にリリースされたのは、2.2.4ではなく2.3です。リリースノートにもある通り、このアップデートはバグフィックスがメインです。そういった意味では、あくまでマイナーバージョンアップデートといえます。

 とはいえ、実は新しい機能がいくつも含まれています。その中から今回は以下の3機能を取り上げます。

  • WebP変換
  • マテリアルアイコン
  • 新しいInstant Run

サンプルプロジェクト作成

 それぞれの機能を紹介する前に、まずは今回使用するサンプルプロジェクトを作成しましょう。プロジェクト情報は以下の通りです。

  • Application name:NewFeaturesSample
  • Company Domain:android.wings.websarva.com
  • Package name:com.websarva.wings.android.newfeaturessample
  • Project location:C:\…任意のワークフォルダ…\NewFeaturesSample
  • Phone and Tablet Minimum SDK:API 15
  • Add an activity:Empty Activity
  • Activity Name:NewFeaturesActivity
  • Layout Name:activity_new_features

 プロジェクトが作成できたら、ソースコードを記述していきましょう。

 まず、strings.xmlです。以下の内容に変更してください。

リスト1 strings.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<resources>
    <string name="app_name">AndroidStudio2.3新機能</string>
    <string name="title">海!</string>
</resources>

 次に、activity_new_features.xmlを以下の内容に変更してください。

リスト2 activity_new_features.xml
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<LinearLayout
    xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
    android:layout_width="match_parent"
    android:layout_height="match_parent"
    android:orientation="vertical">

    <TextView
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"
        android:textSize="24sp"
        android:gravity="center_horizontal"
        android:text="@string/title"/>

    <ImageView
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="wrap_content"/>
</LinearLayout>

 この状態で一度アプリを立ち上げてください。画面には、図1のように「海!」と表示されているだけです。

図1 起動したアプリ
図1 起動したアプリ

 ImageViewは記述されていますが、表示するリソースが指定されていないので何も表示されていません。ここから改造しつつ、新機能を紹介していきます。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 齊藤 新三(サイトウ シンゾウ)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2017年5月時点での登録メンバは52名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂き...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5