Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Eclipse 3.4でのバーション管理方法(Subversion編) ~Eclipse 3.4入門~

第6回(Subversion編)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダウンロード サンプルソース (10.9 KB)

 今回は、チーム開発などで必須となるバージョン管理機能(Subversion)とEclipseを連係する方法の基本を紹介します。

目次

はじめに

 第5回「Eclipse 3.4を使ったデバッグとテスト」までで、Eclipseのインストールと設定からEclipseを用いてアプリケーションを開発・デバッグしテストするまでの一般的な流れなどを説明しました。

 今回はチーム開発などで必須となる「バージョン管理と連係する機能」の基本を紹介します。なお、今回の画面画像は「JStyle」導入済みの場合になっています。

今までの記事

Eclipse 3.4のバージョン管理と連係する機能

 チーム開発やバージョンアップを繰返す開発では、バージョンによるリソース(プログラムや設定ファイルなど)の管理が必要になります。この管理を行うのが「CVS(コンカレント・バージョニング・システム)」や「Subversion(サブバージョン・システム)」です。Eclipseはこれらのシステムのクライアントとなって、管理機能を活用することができます。

 本稿では、EclipseのSubversionクライアント機能を紹介します。なお、CVSクライアント機能について知りたい方は、「Eclipse 3.4でのバーション管理方法(CVS編)」をご覧下さい。

 Subversionクライアント機能を利用するには、別途、Subversionサーバが必要になります。そこで、今回はEclipseをインストールしたPCへのSubversionサーバの導入方法も併せて説明します。

 なお、Subversionサーバの導入方法については、非常に多くのバリエーションや前提・留意事項があります。よって今回は、実行例を試すために必要最低限な一例のみを紹介します。

事前準備

 今回、Subversionサーバを用いてプロジェクトを共用(バージョン管理)する説明において、前回までにおいて作成・利用してきた「hello」プロジェクトを用います。今までの連載に沿って、プロジェクトを作成してきた方は、この章を読み飛ばし、次のページに進んでください。

サンプルプロジェクトをEclipseワークスペースにロード

 まずは添付のサンプルソースをダウンロードします。

 その後、プロジェクトを下記の手順でEclispeワークスペースにロードします。

  1. ダウンロードした各アーカイブを適当なフォルダに展開
  2. Eclipseのメニューから[ファイル(F)]-[インポート(I)]を実行
  3. 「一般」の「既存プロジェクトをワークスペースへ」を選んで[次へ]をクリック
  4. 「ルート・ディレクトリーの選択」にアーカイブを展開したフォルダを指定して、[終了]をクリック
  5. パッケージ・エクスプローラーでプロジェクト名を選択してメニューから[ファイル(F)]-[移動(V)]を実行
  6. 「デフォルト・ロケーションの使用」を選択し[OK]をクリック

 以上で、準備完了です。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

修正履歴

  • 2009/12/11 10:16 「事前準備」の項のリンク先を修正しました。

著者プロフィール

  • 平野正喜@ランドッグ・オーグ(ヒラノマサキ)

    フリーのIT系執筆者&講使(※)の「ランドッグのマウ」こと平野正喜(HIRANO Masaki)です。 【略歴】 1962年札幌市生まれ。今で言うIT企業のシステムエンジニア、プロジェクトリーダー、システムコンサルタント、採用担当などを経て独立し、2002年11月にランドッグ・オーグ平野正喜事...

バックナンバー

連載:Eclipse 3.4からはじめるIDE入門

もっと読む

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5