Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

【第3回】コンポーネント記述言語TECS CDL

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2008/06/18 12:00

 今回は、組込みコンポーネントシステムTECSの核となる、コンポーネント記述言語「TECS CDL」の概要を説明します。

目次

コンポーネント記述言語TECS CDL

 これまで、組込みコンポーネントシステムTECSの概要、アプリケーション開発手順、コンポーネント図と説明を進めてきましたが、今回はTECSの核となるコンポーネント記述言語「TEC SCDL」について説明します。

 コンポーネント図については第2回記事で大部分を説明できましたが、コンポーネント記述言語を細かいところまで説明をするには、かなりのページを要します。

 そこで、まずはTOPPERS/JSPの配布に含まれているサンプルプログラムsample1を例に、コンポーネント記述を見ていきます。TOPPERS/JSPは、オープンソースのRTOSであり、TOPPERSプロジェクトのホームページからダウンロードできます。お持ちでない方は、ダウンロードしてみてください。

sample1のコンポーネント化

 sample1を、コンポーネントに分解して、コンポーネント図で表したものが図1です。小さな例ですが、sample1が、4つのタスクと1つの周期ハンドラからなること、メインタスクが3つのサブタスクを制御していること、3つのサブタスクはメインルーチンを共有していることが見て取れます。

 これらのことは、もちろんソースコードを眺めても分りますが、コンポーネント図による見える化で、直観的な理解が容易になります。前回説明しませんでしたが、タスクやハンドラのように能動的なコンポーネントは、二重線で囲みます。

図1:sample1.cのコンポーネント図
図1:sample1.cのコンポーネント図

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 大山 博司(おおやま ひろし)

    TOPPERSプロジェクト コンポーネント仕様ワーキンググループ主査 オークマ株式会社 FA システム本部 主管技師 オークマ株式会社(当時は大隈鉄工所)に入社以来、数値制御装置の制御ソフトウェア開発に従事する。 博士(工学)

バックナンバー

連載:組込みコンポーネントシステムTECS

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5