Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

【第2回】TECSによるアプリケーション開発

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/12/07 13:14

 今回は、TECSによるアプリケーション開発手順について概観した後、TECSのコンポーネント図とその構成要素について説明します。コンポーネント図によりソフトウェア構造の見える化が図られます。 また、構成要素とともに TECS の用語を説明していきます。

目次

はじめに

 前回はTECSの概要について説明しましたが、今回はTECSによるアプリケーション開発手順について概観した後、TECSのコンポーネント図とその構成要素について説明します。

前回の記事

TECSによるアプリケーション開発

 まずTECSによるアプリケーション開発の流れをご覧ください。

図1
図1

 TECSの用語がいくつか出てきますが、追い追い説明していきます。ここで、色付きの箱が今後説明するものになります。今回から(1)コンポーネント図、(2)TECS CDL(コンポーネント記述言語)、(3)ジェネレータの生成コードおよびコンポーネントのコード、(4)プラグインの順に説明する予定です。

 さて、TECSを使って何かシステムを開発しようとするときは、始めにコンポーネント図を記述し、ソフトウェアの構造、つまりは使用するコンポーネント(セル)と、それらの間の結合について検討することになります。

 次が、コンポーネント記述言語TECS CDL(以下CDL)で、これらの詳細を記述します。コンポーネント図はCDLの組上げ記述に対応しますので、ツール類が整備されれば、自動変換できるようになる見込みです。

 続いて、セルタイプコードを記述します。セルタイプコードはC言語による記述を想定しています。セルタイプコードのテンプレートがジェネレータから出力されるので、ここにセルの機能を実現するコードを作成します。

 以上が標準的なTECSによる開発手順となりますが、コンポーネント開発が主体の場合にはCDLでインターフェースから検討することになります。またインターフェースを決める段になって矛盾が見つかって、コンポーネント図とCDLの間を行き来することもしばしばあると思います。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 大山 博司(おおやま ひろし)

    TOPPERSプロジェクト コンポーネント仕様ワーキンググループ主査 オークマ株式会社 FA システム本部 主管技師 オークマ株式会社(当時は大隈鉄工所)に入社以来、数値制御装置の制御ソフトウェア開発に従事する。 博士(工学)

バックナンバー

連載:組込みコンポーネントシステムTECS

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5