Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

GroovyとGoogle App Engineでアプリ開発(前編)
~GroovyでWeb開発を行うための基本

Groovy+GrailsでRailsなWeb開発 番外編 前編

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2009/08/17 14:00

 今回は番外編として、Java上で動くスクリプト言語「Groovy」を使って、Google App Engineのアプリケーションを作成してみましょう。まずはGAE利用するための準備と、基本的なWebアプリケーションの作成方法について、解説していきます。

目次

はじめに

 Javaプログラマであれば、Google App Engine(GAE)がJavaに対応したとき、すぐさま試してみた人も多いのではないでしょうか。Javaに対応するということには、実は非常に深い意味があります。それは同時に「Java仮想マシン上で動く、あらゆる言語に対応する」ということでもあるのです。

 GroovyもJava上で動くスクリプト言語なので、当然ですがGAEで利用できます。そこで今回は、GroovyでGAEのアプリケーション開発を行ってみましょう。

対象読者

  • JSPを書くのは正直しんどい...と近頃感じる人
  • Ruby on Railsスタイルの開発に興味があるという人
  • MVCフレームワークをJavaで学びたいという人
  • JavaによるGoogle App Engineプログラミングに興味がある人

GAEでGroovyを利用する

 Google App Engine(GAE)と言えば、皆さんその名前ぐらいは耳にしていることでしょう。Googleが提供するクラウドコンピューティング環境、分かりやすく言うと「Googleのサーバ環境に自分のWebサイトを持つことができるサービス」です。GAEは当初、対応言語がPythonのみでしたが、その後Javaにも対応し、ぐっと間口が広がりました。Javaに対応するということは、Java上で動くGroovyも利用できます。そこで、Groovyを利用したGAEアプリケーションの作成に挑戦してみましょう。

 まず、必要な環境を整えます。開発を行うのに必要となるのは、次のようなソフトウェアになります。

  • Groovy 1.6以降
  • Google App Engine SDK for Java
  • Eclipseと専用プラグイン

Groovy 1.6以降のインストール

 ここでは本稿執筆時点の最新版である1.6.3を使います。古いバージョンのGroovyを使っている人は、Groovy公式サイトより最新版をダウンロードし、インストールしておきましょう。

Google App Engine SDK for Java

 これはGoogleのApp Engineのサイトにて配布されています。Google App Engine - Google Codeよりダウンロードします。SDKは、Python版Java版があるので間違えないようにしてください。

Google App Engine SDKのダウンロードページ
Google App Engine SDKのダウンロードページ

 SDKは、圧縮ファイルの形で配布されています。ダウンロードしたファイルを展開し、保存されたフォルダ(「appengine-java-sdk-xxx」といった名前)を、ハードディスクの適当なところにコピーしてください。

 インストールはこれで終わりですが、SDKに用意されているコマンドをコマンドプロンプトから利用するため、環境変数の設定をしておきましょう。SDKフォルダの中にある「bin」フォルダの中にコマンドは用意されています。この「bin」フォルダのパスを「Path」環境変数に追加してください。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 掌田 津耶乃(ショウダ ツヤノ)

    三文ライター&三流プログラマ。主にビギナーに向けたプログラミング関連の執筆活動をする傍ら、ログハウスの普及活動にいそしんでいる。(掌田津耶乃のWebサイトはこちら) ※現在、入門ドキュメントサイト「libro」、カード型学習サイト「CARD.tuyano.com」を公開中。またGoogle+プロフ...

バックナンバー

連載:Groovy+GrailsでRailsなWeb開発

もっと読む

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5