Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

64bitに対応した「ODP.NET」を使ってみよう!

64bit環境のメリットを生かしたOracle データベース対応アプリケーション開発

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/06/15 14:00

 .NETアプリケーションからOracleへ接続するための最善の方法は、パフォーマンスが良く、Oracle独自の機能が使用できる「Oracle Data Provider for .NET」を使用することです。このODP.NETの最新版では64bitに対応しており、今回はこの「64bit ODP.NET」使用するために必要な準備とアプリケーション開発の具体的な手順を説明します。

目次

はじめに

 .NETアプリケーションからOracleへ接続するための最善の方法は、Oracle社が提供している「Oracle Data Provider for .NET」(以下、ODP.NET)です。なぜ、ODP.NETが最善の方法かというと、以下の2つの理由からです。

  1. Oracle接続に最適化されているため、パフォーマンスが良い
  2. Oracle独自の機能が使用可能

 このODP.NETの最新版では64bitに対応しています。今回はこの「64bit ODP.NET」を使用するために必要な準備と、アプリケーション開発の具体的な手順を説明します。

対象読者

  • 64bitでのアプリケーション開発に興味のある人
  • Oracleデータベース対応アプリケーション開発に興味のある人

必要な環境

 Microsoft .NET Framework 2.0 以上が必要です。また、最新版のODP.NET 11.2.0.2.1から接続可能なOracleデータベースは、Oracle 9i Release 2以上が必要になります。

「64bit ODP.NET」を利用するメリット

 64bitを利用する際の最大のメリットは、広大なメモリ空間を利用できることにあります。日々データベースに格納されるデータが増大していく中、そのデータを扱うアプリケーション側も膨大なデータを処理するための広大なメモリ空間が必要となってきます。

 また、Windows Server 2008 R2からは64bitプラットフォームのみの提供となりました。今現在64bit環境がデファクトとなっている中、アプリケーション側も64bitに対応していく必要があります。 Oracleデータベースに対応したアプリケーションも今回の「64bit ODP.NET」を利用することにより、完全に64bit対応したアプリケーションを開発することができます。では、実際のアプリケーション開発に入りましょう。

ODP.NETのインストール

 2011年5月現時点で最新版のODAC 11.2 Release 3(11.2.0.2.1)をダウンロードしてインストールします。Oracle Data Provider for .NET(ODP.NET)およびOracle Providers for ASP.NET の64bit版が含まれています。Oracle Technology Network(以下、OTN)からダウンロードできます。

OTN:ODP.NETダウンロードサイト
OTN:ODP.NETダウンロードサイト

 上記サイトから、[64-bit ODAC ダウンロード]をクリックすると、64ビットのOracle Data Access Components(ODAC)のダウンロードページが開きます。ODACにはさまざまなコンポーネントが含まれており、ODP.NETもODACの中に含まれています。

OTN:64-bit Oracle Data Access Components(ODAC) Downloads
OTN:64-bit Oracle Data Access Components(ODAC) Downloads

 [ライセンス契約書]を確認し[ライセンスに同意する]のチェックをオンにするとダウンロードが可能となります。[ODAC112021Xcopy_x64.zip]をクリックし、ファイルをダウンロードしてください。ダウンロードしたZIPファイルを解凍すると[install.bat]が解凍されるので、以下の書式でインストールを実施します。

ODAC install.batの利用方法
install.bat [インストールしたい製品名] [インストール先] [ORACLE HOME名]
例)Oracle Data Provider for .NET 4をインストールしたい場合
install.bat odp.net4 c:\oracle odac
例)全ての製品をインストールしたい場合
install.bat all c:\oracle odac

 ODACに含まれる製品名は以下になります。ODP.NETとASP.NETについては .NET Framework 2.0以上(2.0, 3.0, 3.5)の場合は、[ODP.NET20]もしくは[ASP.NET]、 .NET Framework 4.0の場合は、[ODP.NET4」もしくは[ASP.NET4]を選択してください。

ODACに含まれる製品名
install.batの指定名 インストールされる製品
instantclient_11_2 Oracle Instant Client
ODP.NET20 Oracle Data Provider for .NET 2
ODP.NET4 Oracle Data Provider for .NET 4
ASP.NET Oracle Providers for ASP.NET 2
ASP.NET4 Oracle Providers for ASP.NET 4
OLEDB Oracle Provider for OLEDB
OO4O Oracle Objects for OLE
OraMTS Oracle Services for MTSE

 さらに詳細なインストール方法は、解凍後に作成される「readme.txt」ファイルを参照してください。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 日本オラクル 大田(オオタ ヒロシ)

    日本オラクル株式会社 Oracle Directテクニカルサービス部所属。開発者の視点から、Oracle Databaseの機能を最大限に活かすための手法を日々研究しながら、プリセールス活動やオンラインセミナー等による情報発信を行う。現在はWindows Server上でのOracle製品活用を推進...

バックナンバー

連載:Oracle Tips

もっと読む

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5