Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

YOLP Hacks: iOS Map SDKの使い方
~スライドショーアプリを30分で作る!

Yahoo! Open Local Platform Hacks 第3回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YOLPことYahoo! Open Local Platform Hacks 第3回です。今回はiOS Maps SDKを使って、ちょっと素敵なスライドショーアプリを30分で作る、というテーマのもと、iOS Map SDKの利用方法や便利な使い方などを紹介していきたいと思います。

目次

はじめに

 Yahoo! Open Local Platform(以下、YOLP)Hacksの第3回です。前回JavaScriptマップを使った、現在位置の常時表示/地図をなぞって距離を検索というトピックを紹介しました。今回はiOS Maps SDKを使って、ちょっと素敵なスライドショーアプリを30分で作る、というテーマのもと、iOS Map SDKの利用方法や便利な使い方などを紹介していきたいと思います。

 本稿を読み進めながらアプリを実際に開発すると、iOSアプリ開発において、iOS Map SDKが簡単に利用できることが実感できると思います。ぜひお試しください。

iOS Map SDKを利用するには

 まず、iOS Map SDKを利用するための準備を行います。

iOS Map SDKのダウンロード

 Yahoo!デベロッパーネットワーク(以下、YJDN)よりiOS Map SDKとドキュメントをダウンロードしましょう。ダウンロードが完了したら、適当なフォルダにZIPファイルを解凍してください。なお、iOS Map SDKの利用方法詳細については、YJDNのiOS Map SDKドキュメントを参照してください。

Yahoo!デベロッパーネットワーク「iOS Map SDK」
Yahoo!デベロッパーネットワーク「iOS Map SDK」

アプリケーションIDの登録

 iOS Map SDKを利用するには、YJDNのページでアプリケーションIDを事前に登録いただく必要があります。アプリケーションIDが未登録の方、新しいアプリケーションIDの登録を希望する方は、YJDNの「アプリケーションIDとは」「アプリケーションIDを登録する」を参考にして、アプリケーションIDを登録してください(※注)。

※注

 アプリケーションIDを登録するためには、Yahoo! JAPAN IDでログインする必要があります。

新規プロジェクトの作成

 Xcodeを起動して、[新規Xcode プロジェクトを作成]を選択し、プロジェクトの作成を行います。

[新規Xcode プロジェクトを作成]を選択
[新規Xcode プロジェクトを作成]を選択

 今回は「Window-based Application」テンプレートを使用し、プロジェクト名を「YMapSlideShow」とします。

プロジェクト名を「YMapSlideShow」に設定
プロジェクト名を「YMapSlideShow」に設定

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:Yahoo! Open Local Platform Hacks

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5