Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Oracleの「Developer」で作成された画面をCurlで実装!

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 この記事では、SCSKが提供する「VBマイグレーション」サービスを紹介します。今回は、Oracle社の「Developer」で作成された画面を、Curlで焼き直しする具体的な実装方法を解説します。

目次

はじめに

 Curlの開発・提供を行っているSCSKでは、VBマイグレーションというサービスを提供しています。これはVisual Basicで作成されたソースをCurlにコンバージョンするサービスですが、Visual Basicに限らず他の言語からでもCurlへ焼き直しすることはできるのか考えました。

 そこで今回は、ERPシステム等で使われることが多いOracle社の「Developer」で作成された画面をCurlで作成し、その過程を紹介します。

 Oracle社のDeveloperとは、Webに対応したOracle独自の4GLアプリケーション開発・実行環境です。利用するデータベースはOracle DBのみですが、Oracle DBとの高い親和性・レスポンスが売りのツールで、PL/SQL(Oracle Database用にデータベース言語SQLを独自拡張したプログラミング言語)で業務ロジックを作成していくものです。

 Curlは次世代Webプラットフォームとして標榜し、その生い立ちは、米国マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究室からになります。利用するサーバサービスには制約がありません。詳しくはCurl公式サイトを参照ください。

左:Developer画面 右:Curl画面
左:Developer画面 右:Curl画面

必要な環境

 CurlとDB(AP)サーバとの通信手段には「Curl ORB for java」(以下、ORB)を用います。ORBとは、CurlとJavaをシームレスに結合し、高速なデータ通信を実現するためのツールです。詳しくは下記のサイトをご覧ください。

画面の仕様

 実装するにあたり、画面の仕様を決めておきます。今回は以下の仕様とします。

 「検索ボタン押下時、テーブル[HINMK_TBL]より全件取得し、取得結果を明細行に設定する。」

 とても簡単な一覧検索画面です。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:CurlデベロッパーセンターPick Up

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5