Harish Shenoy [著] 2012/10/15 14:00
このエントリーをはてなブックマークに追加

1 2 3 4 →

 IBM Worklightはモバイル・エンタープライズ・アプリケーションの開発、デプロイメント、ホスティング、管理のための完全なプラットフォームです。Worklightはモバイル・アプリケーションを開発する上でのあらゆる要件に対応し、開発プロセスやデプロイメント・プロセスのすべてのフェーズで、そのプロセスを支援するためのツールを提供し、効率性をもたらします。この記事ではIBM Worklight V5の概要について説明するとともに、その新しい機能や主要な機能を紹介します。これらの機能は、皆さんがモバイル・アプリケーションの開発に着手して、その開発の目的を実現する上で役に立ちます。この記事の内容はIBM WebSphere開発者向け技術ジャーナルから引用したものです。

(この記事は、日本アイ・ビー・エム株式会社発行の「IBM developerWorks」から、日本アイ・ビー・エム株式会社の許可を得て転載したものです)

はじめに

 IBM Worklight V5はスマートフォンやタブレット用のモバイル・エンタープライズ・アプリケーションを開発するための、オープンで包括的かつ高度なプラットフォームです。Worklightは、HTML5、CSS3、Apache Cordovaなどの技術を活用したオープンスタンダード・ベースの完全なプラットフォームとして、あらゆる規模の組織がHTML5によるモバイル・アプリケーションやハイブリッド・モバイル・アプリケーション、ネイティブ・モバイル・アプリケーションを効率的に開発、接続、実行、管理するのを支援します。

 Worklightは、アプリケーションのビルド、デプロイメント、実行、管理など、モバイル・アプリケーションの開発ライフサイクルのあらゆるフェーズをサポートしており、また各フェーズではそのプロセスを支援するツールを提供しています。

 標準ベースの技術とツールを活用したWorklightには、包括的な開発環境、モバイル用に最適化されたミドルウェア、管理や分析用の統合コンソールが含まれ、それらが多様なセキュリティー・メカニズムによってサポートされています。Worklightを使用することで、コード変換や独自のインタープリター、さらにはあまり使われないスクリプト言語などを使用することなく、リッチなクロスプラットフォームのアプリケーションを作成することができます。また、市場導入までの時間の短縮、開発コストの削減、全体的な複雑さの軽減につながるとともに、多種多様なモバイル・デバイスに対して優れたユーザー・エクスペリエンスを実現できるようになります。

 Worklightを使用することにより、最適化されたさまざまなバージョンのモバイル・アプリケーションの開発および保守を効率的に管理することができます。また、異なるモバイル・オペレーティング・システム(AndroidやiOS、その他)を対象としたモバイル・アプリケーションを共通の方法で構築することができます。共通のコード・ベースの大部分が複数のオペレーティング・システムの間で共有されるため、作成済みコンポーネントを利用することや、デバイスに依存しないコード部分を共有することも可能になり、開発時間を大幅に削減することができます。Worklightを使用して配布されたモバイル・アプリケーションは多種多様なデバイスに共通のWeb技術を活用しており、しかもネイティブ技術やネイティブ・ツール(Objective-C、Xcode、Androidなど)の強力さを活用した機能を犠牲にすることはありません。そのため、必要な場合には、特定のオペレーティング・システムを対象とするアプリケーションにネイティブ・コードを追加することもできます。共有される共通のコード・ベースとApache CordovaやネイティブAPIとを組み合わせて使用することで、アプリケーションから特定のモバイル・デバイスの機能にアクセスすることができます。

 この記事では、Worklightの最新の主要な機能を概要レベルで紹介することで、読者の皆さんがWorklightの能力を理解する手助けをすると同時に、皆さんがモバイル・アプリケーションの開発に着手し、迅速かつ効果的な開発ができるようにする上でWorklightがどのように役立つかを理解する手助けもします。

補足

 IBM Worklightは、ビジネスの中でモバイル・アプリケーションの開発、デプロイメント、管理を完全な形で行う上で不可欠な要素を提供するIBM Mobile Foundation製品ファミリーの一部です。


1 2 3 4
→
INDEX
エンタープライズアプリケーションのモバイル化を包括的に支援する「IBM Worklight」とは?
Page1
はじめに
Worklightの概要
まとめ
参考文献
こちらの関連記事もおすすめです

プロフィール
Harish Shenoy Harish Shenoy

Harish ShenoyはIBM認定のSOAソリューション・デザイナーです。現在はIBM India Software LabのBPTSEチームで、アプリケーション接続性とアプリケーション・インフラストラクチャーにおける技術ソリューション・アーキテクチャーを提供しています。彼の専門は、IBM Worklight、WebSphere Application Server、WebSphere eXtreme Scale、WebSphere Process Server、WebSphere Message Broker、BPMなどです。また彼はWebSphere Process Server、WMQ、WebSphere Message Broker、WebSphere Application Serverの認定技術者でもあります。


記事へのコメント・トラックバック機能は2011年6月に廃止させていただきました。記事に対する反響はTwitterやFacebook、ソーシャルブックマークサービスのコメントなどでぜひお寄せください。