Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

Bing Mapsよりも使いやすい? ComponentOne Studioの地図コンポーネントでストアアプリを作ろう

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/10/20 14:00

 Windowsストアアプリで地図を扱うときの王道は、Bing Map SDKを使用することです。しかし、Bing Maps SDKを使用する場合、プラットフォームとして「Any CPU」が選択できなくなるため、構成マネージャーで明示的にVisual Studioと同じx86プラットフォームを明示的に指定してデバッグ実行を行います。また、ストアに申請するときも、x86、x64、ARMの3タイプを同時に登録します。

目次

 ComponentOne Studioの地図コンポーネントを使えば、このような煩雑は不要で「Any CPU」でデバッグ実行が可能です。

Windowsストアアプリの下準備

 Windowsストアアプリのテンプレートを使って新規プロジェクトを作成すると、ツールボックスには「C1 XAML 8.1 Controls」タブがすでに作成されていて、Windowsストアアプリで使えるコンポーネントが表示されています。

図1 ツールボックス
図1 ツールボックス

 今回使う地図コンポーネントは「C1Maps」コンポーネントなのでツールボックスにあることを確認したら、Windowsストアアプリの下準備を開始しましょう。

プロジェクト構成の準備

 今回作成するWindowsストアアプリはModel、ViewModel、Viewのクラス構成をとり、Modelにロジック、Viewに画面デザイン、その両者をViewModelで接続することで画面定義とロジックコードの結合を疎にして、それぞれの役目が分かりやすくまとまるように考慮しています。

 そのため、Windowsストアアプリのテンプレートから新規プロジェクトを作成した直後の状態から、Modelsフォルダ、ViewModelsフォルダ、Viewsフォルダを作成して、それぞれのフォルダに、AEDModelクラス、MainViewModelクラス、MainPage.xamlを配置します。

図2 プロジェクト構成
図2 プロジェクト構成

追加ライブラリの準備

 今回使用するオープンデータはREST/JSON形式でデータを取得するので、JSONデータの取り扱いが楽になるようにJSON.NETライブラリをnugetから導入します。

図3 nugetパッケージの追加
図3 nugetパッケージの追加

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 初音玲(ハツネアキラ)

    国内SIerのSEで受託開発を主に行っています。Visual Basic + Oracleという組み合わせに関する事が得意です。 Internet of Thingsという名前もよく聞くようになってきてセンサーとクラウドという組み合わせに注目があつまっています。Kinectなどのモーションセンサー...

バックナンバー

連載:現役エンジニア直伝! 「現場」で使えるコンポーネント活用術(ComponentOne Studio)

もっと読む

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5