Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

誰でも手軽にNTTドコモのサービスのような機能を持つアプリが作れる ~Androidアプリから画像認識APIを実行する

スマホアプリを豊かにする「docomo Developer support」で遊ぼう(2)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/12/12 14:00

 「docomo Developer support」というサイトをご存じでしょうか。このサイトは、NTTドコモが公開している開発者向けのAPI提供サイトです。ここで公開されているAPIを使えば、NTTドコモのサービス「しゃべってコンシェル」などと同様の機能を、自作のアプリから簡単に利用できるようになります。みなさんも、公開されているAPIやSDKを使って、楽しいAndroidアプリを作ってみませんか。

目次

はじめに

 第2回目の本稿は、「docomo Developer support」で公開されているAPIをアプリから実行する方法を解説しましょう(本稿は、2014年11月18日時点の最新情報に基づいております)。

対象読者

 JavaとEclipseを用いたAndroidアプリの開発で、基本的な知識がある方を対象とします。

APIの組み込み方

 前回は、APIコンソールを使ってAPIの機能を試してみましたが、今回は、実際のアプリからAPIを呼び出してみましょう。

APIを呼び出す方法

 公開されているAPIのほとんどは、Web API形式に対応しています。Web APIとは、HTTPでの通信を利用してデータをやり取りする道具です。HTTP通信なら、一般的なWebサイトへアクセスするのと同等なので、多くの環境からAPIを実行することができます。Androidアプリに限らず、iOSでも、Windowsのアプリケーションでも可能です。

Web APIの実行イメージ
Web APIの実行イメージ

SDKを利用する

 Javaで開発するAndroidアプリでも、標準のライブラリを使って、HTTP通信を行うことができます。HTTP通信のプログラムは、ある程度、決まった手順になっていますので、APIを呼び出す処理は、難しい実装ではありません。

 ただ、通信処理は煩雑になりがちですので、「docomo Developer support」では、APIごとにSDKも提供されています。SDKは、APIに対応したJavaのクラスライブラリとなっており、通信処理などを意識することなく、単にクラスのメソッドを実行するだけで、APIを呼び出せるようになっています。つまり、SDKを利用すれば、より手軽にAPIを処理できるというわけです。

 なおAPIにもよりますが、現状SDKには、Android環境に特化したもの、より汎用的にJavaに対応したもの、iOSに対応したもの、の3種類が用意されています。

アプリ/APIの申請

 前回解説したとおり、APIをアプリから利用するためには、まずは開発用APIキーの取得が必要です。

 APIキーの取得には、「docomo Developer support」にログインして、マイページを開き、「新規アプリケーション申請へ」というボタンをクリックします。すると、アプリ/APIの申請ページになるので、ここで、必要事項を入力します。

アプリ/APIの申請
アプリ/APIの申請

 入力必須項目は、アプリケーション名、アプリケーション概要、サービス予定日、アプリケーションタイプ(Webアプリかネイティブアプリかどうか)、コールバックURL(必要ないならhttps://dummy)、提供者名、サポートメールアドレスです。

 商用でない限り、特に厳密に入力する必要はありません。またアプリの審査中でなければ、後から変更することもできます。

 必須項目を入力したら、「API機能選択へ」というボタンをクリックします。API機能選択ページに遷移しますので、ここで必要なAPIを選択します。

APIの選択
APIの選択

 今回は、画像認識APIを使いますので、画像認識にチェックして、一番下のボタンをクリックしましょう。確認ページに移りますので、ここで「利用申請する」というボタンをクリックすれば申請が完了です。

 APIキーは、マイページの「アプリ/APIの申請・管理」ページにある、アプリケーション情報に表示されます。

アプリケーション情報
アプリケーション情報

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • WINGSプロジェクト 高江 賢(タカエ ケン)

    <WINGSプロジェクトについて> 有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2017年5月時点での登録メンバは52名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂き...

  • 山田 祥寛(ヤマダ ヨシヒロ)

    静岡県榛原町生まれ。一橋大学経済学部卒業後、NECにてシステム企画業務に携わるが、2003年4月に念願かなってフリーライターに転身。Microsoft MVP for ASP/ASP.NET。執筆コミュニティ「WINGSプロジェクト」代表。 主な著書に「入門シリーズ(サーバサイドAjax/XMLD...

バックナンバー

連載:スマホアプリを豊かにする「docomo Developer support」で遊ぼう
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5