Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

ページランクのアルゴリズムをC++で試してみる

「Googleは、いかにして乾草の山から針を見つけるか」

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/12/01 14:00

 前回Google Mockを紹介したこともあって、Googleがらみのトピックを探していたところ、"How Google Finds Your Needle in the Web's Haystack:GoogleはどうやってWebの干草の山から針を見つけ出すのか"というタイトルの解説記事に辿り着きました。Googleでの検索結果は有用な(あるいは人気のある)ページが検索リストの上位に並びます(広告云々は別として)。各ページの有用さの度合いを計算し、それをキーに並び替えを行っているのでしょう。この記事では"有用さの度合い"をどうやって算出しているのかを解説していました。今回はこの記事をさらに噛み砕き、C++コードで実際に算出しながらの解説を試みます。

目次
※印刷用ページ表示機能はメンバーのみが利用可能です(登録無料)。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • επιστημη(エピステーメー)

    C++に首まで浸かったプログラマ。 Microsoft MVP, Visual C++ (2004.01~) だったり わんくま同盟でたまにセッションスピーカやったり 中国茶淹れてにわか茶人を気取ってたり、 あと Facebook とか。 著書: - STL標準講座 (監修) -...

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5