Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

誰でも簡単にできる! LINE Botの作り方

日本一わかりやすいLINE Bot開発講座 第1回

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/12/07 14:00

 本連載では、今後広がっていくであろうbotの開発手法を、LINE Botを例として解説していきます。開発はPHP、サーバーはHerokuのフリーアカウントを利用するので簡単に、そして無料で運用が可能です。第1回はMac/Windowsの方に向けた開発環境の構築方法の解説、Herokuのアカウントの作り方とデプロイ方法、LINE Business Centerでのアカウント開設とbotの作成、それをHerokuにひも付けて、botからのリクエストをHerokuにデプロイしたプロジェクトが処理できるようになるところまで解説します。最後に完成済みのプロジェクトをダウンロードしてデプロイし、LINEアプリからbotにリクエストを送り実際に動くところを見てみましょう。

目次

LINE Bot Awardsエントリー受付中!(2017年2月22日まで)

 グランプリ賞金1000万円のLINE Bot Awards、エントリー絶賛受付中です。他にも賞金50万円の9部門、そして学生賞は賞金100万円となっています。革新的なBotを開発して入賞を狙いましょう!

(「LINE Bot Awards」より引用)
(「LINE Bot Awardsのページ」より引用)

はじめに

 LINE BotはLINE社が提供するbot機能を持つアカウントで、通常の友人のようにコンタクトリストに追加でき、さまざまなインターフェースを利用してユーザーとコミュニケーションを取ることができます。方法によっては完全無料で利用できますし、複数の言語ごとにSDKもリリースされているので、難しいコードを書くことなくシンプルに実装できます。

 実際に処理を行うスクリプトを置く場所が必要になるのですが、こちらはHerokuを利用します。HerokuとはPaaS(Platform as a Service)と呼ばれるサービスで、アプリケーションを実行するためのプラットフォームです。昔は自分で作ったWebアプリケーションを公開しようとすると、レンタルサーバーを借り、複雑な設定を行う必要がありましたが、Herokuを使うと使いやすいよう設定された環境がはじめから用意されており、しかも少ないトラフィックであれば無料で利用できます。

 Herokuでは、さまざまなプログラミング言語が利用できますが、今回は普及率を考慮してPHPを使って解説します。

対象読者

  • Webアプリケーション開発経験者
  • スマートフォンなどのアプリ開発経験者

必要な環境

 PHPが利用できる環境であれば、どのような環境でも開発できますが、解説はMacで行い、Windows環境で手順に違いがある場合は都度解説します。

 筆者の環境はMac OS X El Capitan(10.11.6)、PHPのバージョンは5.6.25です。

エディタのインストール

 エディタは各自お好きなものをご用意ください。PHPのシンタックスハイライトに対応しているものが便利です。

 筆者はAtomを利用しています。Mac、Windows共に対応しており、以下から無料でダウンロード、インストールできます。

PHPのインストール

 LINE Botを利用するのに便利なSDKが用意されているので、そちらを使ってbotを開発します。後述するComposerの利用にPHPが必要なため、インストールしましょう。

Macの場合

 Macの方はPHPが最初から入っていますが、LINEのSDKを使うにはPHPのバージョンが5.6以上でなくてはなりません。ターミナルに「php -v」と入力して、バージョンを確認します。5.5以下だった場合は、次の手順に従って5.6にアップデートしてください。

 まずは以下のコマンド実行して5.6をインストールします。途中で管理者パスワードを聞かれるので入力してください。

curl -s http://php-osx.liip.ch/install.sh | bash -s 5.6

 この状態だとパスが通っていないので、通します。

open ~/.bash_profile

 開いたファイルの最後の行に以下を追記し保存します。

export PATH=/usr/local/php5/bin:$PATH

 ファイルが開かず、「~ does not exist.」と表示される時には、まず以下のコマンドでファイルを作成してから編集してください。

touch ~/.bash_profile

 ターミナルを再起動してから再度「php -v」を実行し、5.6になっていることを確認します。

Windowsの場合

 Windowsの方はまず以下のリンクからインストーラーをダウンロードし実行します。

 PHP5.6、x86 Non Thread Safe項の「zip」のリンクをクリックします。

PHPのインストール
PHPのインストール

 ダウンロードしたzipファイルをフォルダに展開した後、「C:\」直下に移動します。

 パスを通します。エクスプローラーを開き、以下の順番に選択して進み、値を入力してOKをクリックしてください。

環境変数の設定
環境変数の設定

 

 コマンドプロンプトを開き、「php」と入力しEnterキーで実行します。必要なファイルがない場合はエラーダイアログが出ます。

エラーダイアログ
エラーダイアログ

 この場合はVisual Studio 2012 更新プログラム 4 の Visual C++ 再頒布可能パッケージをインストールすれば必要なファイルが入るので、以下のリンクを開きます。

必要なファイルのダウンロード
必要なファイルのダウンロード

 x86を選択しダウンロードした後、ダブルクリックしてインストールします。

ダウンロード確認画面
ダウンロード確認画面

 再度コマンドプロンプトを開き、「php -v」と入力しPHPのバージョンが表示されればインストールは完了です。

 まだ必要なファイルが足りないというエラーが出る場合は、以下のリンクから他の再頒布可能パッケージもインストールしてみてください。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 立花 翔(タチバナ ショウ)

    GMOインターネット株式会社特命担当。 Android、iPhoneアプリ・ゲームをメインに企画・コーディング・モデリング・デザイン・楽曲作成など全てこなし、これまで100本以上のアプリをリリース。双方のマーケットで300万超えのダウンロード、計700万ダウンロード以上。 2016年より...

バックナンバー

連載:日本一わかりやすいLINE Bot開発講座
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5