Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

PHPに関する記事とニュース

163件中1~20件を表示
  • 2017/05/31

    周囲の音をメッセージで教えてくれるLINE BOT「おとみどりちゃん」を作った名工大生にインタビュー

     2016年12月から翌年3月にかけて開催されたLINE BOT AWARDS。さまざまなLINE BOTが応募された中で、聴覚障害者やお年寄りなど聴覚に難を持つ人のために音やモノの動きを通知するLINE BOT「おとみどりちゃん(Sound Messenger)」を制作したのが名古屋工業大学・工学部情報工学科の佐竹寛弥さん、杢谷拓哉さん、松岡和樹さん、橋口拓也さんによるTeamSMです。受賞には至らなかったものの、このユニークなコンセプトのLINE BOTについてお話をうかがいました。

  • 2017/05/19

    ストレスなく開発できるLINE BOTはビジネスの常識に 『LINE BOTを作ろう!』立花さんに訊く

     CodeZineで人気を集めた連載「日本一わかりやすいLINE Bot開発講座」をまとめて加筆した『LINE BOTを作ろう!』が5月11日に刊行となりました。早くからLINE BOTに注目していた著者の立花翔さん(GMOインターネット)は、今後必ずこの技術が必要になると断言。特にアプリ開発者にとってはストレスフリーで開発できることが魅力だといいます。

  • 2017/01/10

    LINE Bot SDKが持つ主要機能の実装方法

     本連載では、今後広がっていくであろうBotの開発手法を、LINE Botを例として解説していきます。開発はPHP、サーバーはHerokuのフリーアカウントを利用するので簡単に、そして無料で運用が可能です。第3回となる今回は、LINE Bot SDKの持つ主要な機能を実際にBotを作りながら学んでいきます。画像やスタンプなどリッチなコンテンツを送ったり、テンプレートを使った確認ダイアログや横並びの画像+ボタンのダイアログなどを簡単に実装できます。

  • 2016/12/14

    LINE Bot開発の概要と実装の基本

     本連載では、今後広がっていくであろうbotの開発手法を、LINE Botを例として解説していきます。開発はPHP、サーバーはHerokuのフリーアカウントを利用するので簡単に、そして無料で運用が可能です。第2回となる今回は、前回動かしてみた完成済みプロジェクトを自分で一から作りながら、LINE Botの全体像、プロジェクトに必要なもの、基本的な実装と動きを解説します。LINE Bot SDKのインストール方法から始め、Procfileを用いたサーバーの設定、最後にコードを書いて実際にデプロイす...

  • 2016/12/07

    誰でも簡単にできる! LINE Botの作り方

     本連載では、今後広がっていくであろうbotの開発手法を、LINE Botを例として解説していきます。開発はPHP、サーバーはHerokuのフリーアカウントを利用するので簡単に、そして無料で運用が可能です。第1回はMac/Windowsの方に向けた開発環境の構築方法の解説、Herokuのアカウントの作り方とデプロイ方法、LINE Business Centerでのアカウント開設とbotの作成、それをHerokuにひも付けて、botからのリクエストをHerokuにデプロイしたプロジェクトが処理でき...

  • 2016/06/17

    超高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」が搭載するPHP処理系とその導入方法

     本連載では、プライム・ストラテジー株式会社が開発、オープンソースライセンスで無償提供している超高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」(以下、KUSANAGI)を構成する、それぞれのミドルウェアや技術を解説していきます。第2回では、KUSANAGIが搭載するPHP処理系について、種類とそれぞれの導入方法、および性能について解説します。

  • 2016/04/11

    超高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」に学ぶ、PHP+MySQLアプリチューニングの秘訣

     本連載では、プライム・ストラテジー株式会社が開発、オープンソースライセンスで無償提供している超高速WordPress仮想マシン「KUSANAGI」(以下、KUSANAGI)を構成するそれぞれのミドルウェアや技術を解説していきます。第1回では、KUSANAGIの紹介から、どのようなミドルウェアや高速化技術を採用しているかまでを解説します。

  • 2016/02/05

    PHP 5からPHP 7へ移行する際に気を付けるべきポイント

     PHPの新しいバージョンであるPHP 7が2015年12月に正式リリースされました。そこで、前回に続いてPHP 7で何が変わったのかを紹介します。前回は主に新しくPHP 7を使い始める方向けに新機能を紹介しましたが、今回は、これまでPHP 5を使っていた方が気を付けるべき、もしくは知るべき違いを中心に紹介します。

  • 2016/02/03

    IoTをかじってみよう(4) ~PHPアプリケーションをクラウド上のDockerコンテナで稼働させる

     前回は、mbedのアプリケーション開発から、開発環境でのPHPアプリケーションの開発、稼働確認まで行いました。今回はIBM Bluemix上のコンテナ技術であるIBM Containersに、開発したPHPアプリケーションを載せて動かします。

  • 2016/01/27

    IoTをかじってみよう(3) ~センサーのデータをWebサーバーに送付するmbedアプリケーションを作成する

     前回はIBM Internet of Things Foundation(IoTF)を利用してコードを書かずにIoTの世界を体験しましたが、今回と次回はアプリケーション開発にチャレンジしてみます。具体的には開発したPHPアプリケーションをDocker対応させて、IBM Bluemix上のDockerコンテナ(IBM Containers上)で稼働させてみます。

  • 2015/12/01

    新しい仕様でより進化したPHP 7を体験してみよう

     PHPの新しいバージョンであるPHP 7がまもなく正式リリースされる予定です。そこで、2回に分けてPHP 7で新しく追加された仕様や機能、そして注意すべき点を紹介します。ただ、読者の皆様の中にはPHP 5.3からPHP 5.6でのリリースですらついて行けていないという方もいると思います。実際、PHP 5は数字こそマイナーバージョンにもかかわらず、かなり大きな言語仕様に変更があったと思いますので、これらの復習もかねてPHP 7の機能について紹介します。

  • 2015/09/14

    Zend Server 8 英語版に搭載されたAPMの威力

     Zend Server 8 英語版は、評価期間としてインストールから30日間無料で利用できます。本稿は、評価期間でZend Server 8 英語版が備えているデバッグやパフォーマンスチューニングを活用いただくためのガイドです。実際にお手持ちのPHPアプリケーションに対して、Zend Server 8 英語版が備えている高度なデバッグ機能やパフォーマンス解析機能を適用できます。もちろん、評価期間内であれば、料金が発生することはありません。

  • 8492_t.gif
    2015/03/23

    PHP 7のパフォーマンスが高い理由

     ヤフー株式会社には、技術や制作の分野において専門性に優れたエキスパート人財を「黒帯」に認定し、その活動を手厚く支援する黒帯制度があります。「ある分野に突出した知識とスキルを持っているその分野の第一人者」が黒帯として認定され、褒賞金と活動予算が付与され、それぞれの分野のエバンジェリストとして社内外で活躍します。この黒帯によるリレー連載として、第1回目は「PHPコア黒帯」が執筆します。

  • 8340_t.gif
    2015/01/19

    オープンソースのCMS「concrete5」5.7を使ってみよう

     「concrete5」は、Webサーバー上で、誰でも簡単に、しかも直感的にホームページの運営管理ができる、手軽で画期的なCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)です。本記事では基礎的な構成やテーマの作り方、カスタマイズの仕方などを学習します。

  • 7991_t.gif
    2014/09/05

    Composerのプロジェクトを公開して使う

     本連載では、Composerを使ったパッケージ管理を紹介します。前回は、ライブラリを作成する方法を通じて、composer.jsonの記述方法を紹介しましたが、今回は、作成したライブラリを社内向けなど限られたプライベート上に公開し利用する方法や、Packagistサイトにも公開する方法を紹介します。

  • 7887_t.gif
    2014/07/25

    Composerを使ってPHPのプロジェクトを管理する

     本連載では、Composerを使ったパッケージ管理を紹介します。前回は、Composer自身の利用方法や、管理されているライブラリなどの利用方法を紹介しましたが、今回は、ライブラリを作成する方法を通じて、composer.jsonの記述方法を紹介します。Composerを想定したライブラリを作成することで、オートローダー機能の提供や依存解決をComposerの機能を利用することができるために、ライブラリが利用しやすい形式で提供することが可能になります。

  • 7827_t.gif
    2014/07/02

    Composerを使ってPHPのパッケージを簡単インストール

     本連載では、Composerを使ったパッケージ管理を紹介します。PHPではデフォルトでインストールされているPEARがありますが、最近では、Composerというパッケージ管理ツールも使われつつあります。例えば、JavaなどではMavenのようなツールでパッケージ管理をしたり、Rubyではbundlerといったパッケージ管理が使われるなど、現在では多くの言語でパッケージ管理ツールが使われています。

  • 2014/04/04

    PHPエクステンションのエラー処理

     本連載では、PHPエクステンションの作成方法を紹介します。前回までで基本的な関数からクラス定義、そしてストリーム処理の開発方法について紹介しました。今回はそこで紹介ができなかったエラー処理に対する方法と、より開発しやすいように筆者が利用しているCMakeビルドシステムについて紹介します。

  • 2014/01/21

    PHPでのストリーム処理の実装

     本連載では、PHPエクステンションの作成方法を紹介します。前回は、ネイティブライブラリを組み込みPHPエクステンションから利用する方法を紹介しました。今回もそのネイティブライブラリを利用し、さらにそこで取得できるリソースをfreadやfopen関数で利用できるようにストリームとして提供する方法を紹介します。

  • 2013/12/20

    PHPで外部ライブラリ(libzip)を組み込んで利用する

     本連載では、PHPエクステンションの作成方法を紹介します。前回は、PHPエクステンションを利用してクラスを作成する方法を紹介しました。今回はそのクラスを利用し、また、外部のネイティブライブラリを使用してクラスのメソッドを実装します。また、その開発時に必要になる応用を紹介します。

163件中1~20件を表示
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5