Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

開発ツールに関する記事とニュース

231件中121~140件を表示
  • 6318_t.gif
    2012/11/16

    シングルサインオンとOpenAM

     OpenAMは、シングルサインオン(以下SSO)を実現するオープンソースソフトウェア(以下OSS)です。旧Sun Microsystems社により開発された商用製品がベースとなっているため、高品質で多機能です。全世界で多くの導入実績があり、安定性と信頼性の高さが証明されています。本連載では、OpenAMとSSOに関する技術について解説します。また実際にOpenAMをインストールし、社内アプリケーションやクラウドサービスに対してSSOしてみます。

  • 6675_t.gif
    2012/07/27

    第5回 ソフトウェア開発にビジネス・インテリジェンスを

     これまで4回にわたって、開発プロセスを“実現可能なモノ”にするIBM Rationalのプロセス戦略を紹介してきました。最終回となる今回は、IBM Rational Team Concert(以降RTC)のダッシュボードで把握できる内容の説明や、意思決定時の考え方について解説します。

  • 6674_t.gif
    2012/07/26

    第4回 「定義」から「運営」へ:短期化する改善サイクルそのものと標準化の姿

     開発プロセスを“実現可能なモノ”にするIBM Rationalのプロセス戦略を紹介している本連載。今回は、Rationalチームが提供している3つのアプローチを軸に、開発プロセスをどのように運営していくべきかを解説します。

  • 2012/06/28

    C++Builder XE2+FireMonkeyで昔のラケットゲームを再構築してみる(3)

     15年前のC++Builder入門書で紹介されていたクラシックなラケットゲームを、最新のC++Builder XE2とFireMonkeyフレームワークを使って再構築する連載第3弾。最新の開発環境を使うことで、改めてC++Builderのビジュアル開発の仕方を理解するとともに、旧バージョンとの違いを明らかにしていきます。

  • 6621_t.jpg
    2012/06/15

    次期C++Builderはアーキテクチャを刷新 ~「エンバカデロ・デベロッパーキャンプ東京」レポート

     エンバカデロ・テクノロジーズ(以下、エンバカデロ)は5月31日、「第22回エンバカデロ・デベロッパーキャンプ東京」を開催した。エンバカデロ・デベロッパーキャンプは、RAD StudioやDelphi、C++Builder、ER/Studioといったエンバカデロの開発ツールを利用するユーザ向けに、最新の技術情報を紹介する開発者向けセミナーである。本稿では、同イベントで発表された同社のRAD製品、特にC++Builderの最新動向についてレポートする。

  • 6620_t.jpg
    2012/06/15

    開発ツールベンダーの老舗が語る C++によるソフトウェア開発の今と将来性

     今回、エンバカデロ・テクノロジーズ(以下、エンバカデロ)の日本法人代表を務める藤井等氏と、エヴェンジェリストの高橋智宏氏に、C/C++を巡る業界動向や、C++Builderの魅力、今後のロードマップなどについてお話を伺った。

  • title.gif
    2012/06/11

    C++Builder XE2+FireMonkeyで昔のラケットゲームを再構築してみる(2)

     15年前のC++Builder入門書で紹介されていたクラシックなラケットゲームを、最新のC++Builder XE2とFireMonkeyフレームワークを使って再構築する連載第2弾。最新の開発環境を使うことで、改めてC++Builderのビジュアル開発の仕方を理解するとともに、旧バージョンとの違いを明らかにしていきます。

  • title.jpg
    2012/06/07

    軽量かつ高速なランタイムで、本格的なWAS開発を ~「WebSphere Liberty Profile」

     エンタープライズ向けのアプリケーション基盤として定評のある「WebSphere Application Server」。次期バージョンのVersion 8.5では、新機能の一つとして軽量かつ高速起動が可能な「Liberty Profile」というランタイムが提供される。Liberty Profileでエンタープライズ向けの開発がどう変わるのか。本稿では、その詳細について日本アイ・ビー・エムの田中孝清氏にインタビューを行った。

  • title.jpg
    2012/06/04

    C++Builder XE2+FireMonkeyで昔のラケットゲームを再構築してみる(1)

     15年前のC++Builder入門書で紹介されていたクラシックなラケットゲームを、最新のC++Builder XE2とFireMonkeyフレームワークを使って再構築してみます。最新の開発環境を使うことで、改めてC++Builderのビジュアル開発の仕方を理解するとともに、旧バージョンとの違いも明らかになるでしょう。

  • 6575_t.gif
    2012/05/11

    C++Builder XE2 + FireMonkeyで「アハ」なアプリを作ってみる

     C++Builder XE2(およびDelphi XE2)に搭載されたFireMonkeyフレームワークを用いれば、アプリケーションに簡単にアニメーション効果を追加することができます。今回は、このアニメーション効果を利用して、ちょっと面白いアプリケーションを作成してみました。

  • 6558_t.gif
    2012/05/08

    第3回 アジャイルな開発プロセスの展開

     いくつものアジャイル・プラクティスがツールの利用を前提にしているように、IBM Rationalのプロセス戦略においてもツールは重要な要素です。本稿では、プロセスのオーサリングをするためのRational Method Composer、プロセスの実行エンジンとしてRational Team Concertを取り上げ、アジャイルのプロセス化とツールによって解決できる問題が何かを論じたいと思います。

  • 2012/03/21

    第2回 ディシプリンド・アジャイル・デリバリーというお作法

     前回は、「RUPはどこに消えたのか?」という(少々あざとい^^;)タイトルのもと、RUPをめぐるここ数年の動きを概観してきました。「あれ? アジャイルがないじゃん?」と思った方もいらっしゃることでしょう。なにせ連載タイトルにはアジャイルってありますからね……ということで、今回はアジャイルのお話です。

  • 6423_t.gif
    2012/03/12

    第1回 RUPはどこに消えたのか?

     “開発プロセス”と聞いて、何を思い浮かべますか? 分厚い文書の塊? 神聖にして不可侵な聖典? あるいは、アンチテーゼとしてのアジャイル“革命”か……。ビジネスへの貢献を今まで以上に求められている開発組織にとっては、今や“静的なプロセス定義”だけでは意味がない、とIBM Rationalチームは考えます。開発プロセスを“実現可能なモノ”にするIBM Rationalのプロセ...

  • 2012/02/27

    OSSのERP「ADempiere」と他のOSSを連携する

     OSSのERP「ADempiere」(アデンピエレ)のフレームワークを利用し、CRUD(データ作成、読取、更新、削除)画面をノンプログラミング(SQLとADempiere上の設定だけ)で作成する手順を紹介します。この連載ではADempiereフレームワークを利用した工程管理表の作成を行います。

  • 2012/02/14

    OSSのERP「ADempiere」で作業実績表を作成する

     OSSのERP「ADempiere」(アデンピエレ)のフレームワークを利用し、CRUD(データ作成/読取/更新/削除)画面を、SQLとADempiere上の設定だけを使ってノンプログラミングで作成する手順を紹介します。今回は作業実績表を作成します。

  • 2012/02/06

    OSSのERP「ADempiere」でCRUD画面を作成し、画面間を連携する

     OSSのERP「ADempiere」(アデンピエレ)のフレームワークを利用し、CRUD(データ作成/読取/更新/削除)画面を、SQLとADempiere上の設定だけを使ってノンプログラミングで作成する手順を紹介します。今回は、CRUD画面作成方法および画面間の連携方法を紹介します。

  • 2012/01/23

    OSSのERP「ADempiere」を使ってノンプログラミングで基幹業務システムを構築する

     OSSのERP「ADempiere」(アデンピエレ)のフレームワークを利用し、CRUD(データ作成/読取/更新/削除)画面を、SQLとADempiere上の設定だけを使ってノンプログラミングで作成する手順を紹介します。この連載ではADempiereフレームワークを利用した工程管理表の作成を行います。

  • 6362_t.gif
    2012/01/17

    ここが違う! Adobe Fireworksで軽快プロトタイピング

     Adobe FireworksはWebアプリケーションデザイナーのためのデザインおよびプロトタイピングツールです。同社のPhotoshopやIllustratorと比較されることもしばしばありますが、それらが紙媒体主体のデザインツールとして進化してきたのに対し、Fireworksは「(デスクトップ、ラップトップ、モバイルといった)スクリーンベース」のデバイス向けデザインに特化したツールとして版を重ねてきました。そのためFireworksアプリケーションが扱うカラーモードにCMYKはなくRGBの...

  • 5607_t.jpg
    2010/12/03

    専門家からメインストリームの開発者まで 高度な並列化のパワーを提供する「インテルParallel Studio XE 2011」

     インテルは11月10日、マルチコア・プロセッサー向けの並列化プログラミング・ツールスイート「インテルParallel Studio XE 2011」と、分散コンピューティング環境向けのツール・スイート「インテルCluster Studio 2011」を発表した。本稿では、プロモーションで来日したインテルのフィル・デ・ラ・ゼルダ氏の話を交えつつ、この新製品の概要を紹介する。

  • title.gif
    2010/11/30

    Hadoop MapReduceプログラムを解剖する

     オープンソース・ソフトウェア「Hadoop」のMapReduceジョブは、標準ではJavaで記述します。本記事では、MapReduceジョブのサンプルコードを使って、できる限り正しくコードの意味を理解し、MapReduceへの入り口を示したいと思います。

231件中121~140件を表示
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5