Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

著者情報

  • 遠藤 博樹(エンドウヒロキ)

    株式会社ワークスアプリケーションズ Advanced Technology&Engineering Div.所属。製品や社内システムに対するインフラ研究を担当し、製品のクラウド化や開発用システムの分散化など製品の品質向上や開発者の生産性の向上を目的に、インフラからの視点で新しい技術を社内に取り入れるべく活動している。

執筆記事

  • 7894_00.png
    2014/07/24

    軽くて使いやすい仮想化技術 「Docker」の仕組みと エンタープライズ開発における4つの活用事例

     様々な局面で活用され、今や開発者にとってなくてはならない存在である仮想化技術。ハードウェアやネットワークなどを仮想的に表現する技術や、仮想化技術を便利に使えるツールなども、次々と開発されています。その中でも、開発者の間でコンテナ型仮想化技術である「Docker」が、最近注目を集めています。本記事では、Dockerの人気を支えている要素「軽さ」「使いやすさ」と、その要素を実現する技術、そしてDockerの要素を活かして実際に活用した事例を紹介します。

1件中1~1件を表示
戻る


All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5