Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

著者情報

  • WINGSプロジェクト かるあ (杉山 洋一)(カルア(スギヤマ ヨウイチ))

    WINGSプロジェクトについて>
    有限会社 WINGSプロジェクトが運営する、テクニカル執筆コミュニティ(代表 山田祥寛)。主にWeb開発分野の書籍/記事執筆、翻訳、講演等を幅広く手がける。2017年5月時点での登録メンバは52名で、現在も執筆メンバを募集中。興味のある方は、どしどし応募頂きたい。著書記事多数。

執筆記事

  • title.gif
    2011/04/28

    Silverlight 4におけるネイティブアプリケーションの統合

     今回は、Silverlight 4で追加された信頼されたアプリケーションのうち、ネイティブ統合について解説します。信頼されたアプリケーションの他の機能(ローカルファイルアクセス、ポリシーファイルを利用しないネットワークアクセス、対話を必要としないデバイスへのアクセス)については、前回の記事を参照ください。

  • 5785_t.gif
    2011/04/12

    Silverlight 4における信頼されたアプリケーション

     Silverlight 4におけるブラウザー外実行には、信頼されたアプリケーションという特別な実行方法があります。この実行形態を利用することで、SilverlightによるCOMの利用、ポリシーファイルを利用しない通信、ユーザーの許可を必要としないローカルファイルシステムへのアクセスといった、今までのブラウザープラグインでは実現できなかった様々な機能が実現可能になります。今回は、Silverlight 4における信頼されたアプリケーションの概要とその利用方法を解説します。

  • title.gif
    2011/04/05

    Silverlightによるデスクトップアプリケーション

     Silverlight 4では、ブラウザ外実行時に限りHTMLをSilverlightのウインドウ内に表示したり、OSに対してトースト通知を行ったりする機能が追加されています。また、信頼されたアプリケーションという完全信頼の実行形態では、Silverlightのさまざまな制約が緩和され、よりパワフルな機能が利用可能になります。

  • title.gif
    2011/02/22

    MVVMによるSilverlightアプリケーションの開発(その2)

     「MVVMパターンでアプリケーションを実装するのは面倒だ」という時、簡単に利用できるユーティリティーや簡単なツールキットの使用を検討してみてはどうでしょうか。今回は、Silverlight 4の開発で利用できるユーティリティーやツールキットを解説します。

  • title.gif
    2011/02/21

    MVVMによるSilverlightアプリケーションの開発(その1)

     Silverlightに関するヘルプや記事を読むと、MVVMという言葉を頻繁に目にします。今回は、MVVMがどのようなものでなぜ必要になっているのか、どのように実装していけばいいのかについて解説します。

  • title.gif
    2011/01/19

    Silverlight 4で強化された実行環境

       Silverlight 4では、ユーザーの要望を反映して印刷オブジェクトへのアクセス、クリップボードへのアクセスといった実行基盤の機能が大幅に拡張され、スタイルやバインディングといったXAMLプログラミングの環境も強化されています。今回は、印刷やクリップボードのアクセスなどの業務アプリケーションの開発に欠かせない機能と、Silverlight 4で強化されたスタイルについて解説します。

  • title.gif
    2010/12/28

    WCF RIA Servicesの仕組み

     前編ではWCF RIA Servicesを使って、データの検索と更新をデザイナーを利用して作成しました。今回は、検証や共有コードといったWCF RIA Servicesの裏側のコードを確かめながら、どのようにn階層のアプリケーションを実現しているか、どこで気をつけるべきかを確認します。

23件中1~7件を表示
戻る


All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5