Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

chown

ファイルの所有者を変更する
2015/05/20 08:00

対応OS: linux , freebsd, solaris
chown [-f] [-R] {OWN[:GRP]|:GRP} FILE...

 chownコマンドは、FILE...に指定したファイルやディレクトリの所有者を、OWNに指定したユーザに変更します。ファイルやディレクトリが所属するグループを変更することもできます。所有者を変更できるのはスーパーユーザだけです。

グループ

 UNIXでは、利用者をユーザとグループで管理します。ユーザはひとつ以上のグループに属し、同一グループのユーザ間でのみファイルを参照するというようなことが可能です

オプション
① -f
所有者を変更できない場合でも、エラーが発生しないようにします(変更は行われない)。
② -R
FILE...にディレクトリを指定した場合に、その中に含まれるファイルやディレクトリの所有者も変更します。
引数
① OWN
FILE...に指定したファイルやディレクトリの変更後の所有者を、ユーザ名またはユーザIDで指定します。ユーザIDは、それぞれのユーザを示す一意の値です。
② :GRP
ファイルやディレクトリが所属するグループを、「:」に続けてグループ名またはグループIDで指定します。グループIDは、それぞれのグループを示す一意の値です。
③ FILE...
所有者や所属グループを変更するファイルやディレクトリのパスを、スペースで区切って指定します。ワイルドカードによる指定も可能です。
ファイルの所有者とグループを変更する
#
# ls -l fa001
-rw-rw-r-- 1 cmd cmd 76 4月13 22:15 fa001
# chown root:root fa001
ファイル「fa001」の所有者と所属グループを「root」に変更
# ls -l fa001
-rw-rw-r-- 1 root root 76 4月13 22:15 fa001
#
ファイルの所有者のみを変更する
# ls -l fa001 
-rw-rw-r-- 1 cmd cmd 76 4月13 22:15 fa001
# chown root fa001
ファイル「fa001」の所有者を「root」に変更
# ls -l fa001
-rw-rw-r-- 1 root cmd 76 4月13 22:15 fa001
#
ファイルの所属グループのみを変更する
# ls -l fa001 
-rw-rw-r-- 1 cmd cmd 76 4月13 22:15 fa001
# chown :root fa001
# ls -l fa001
-rw-rw-r-- 1 cmd root 76 4月13 22:15 fa001
#
HINT!

 lsコマンド

関連タグ

UNIXコマンド辞典トップページに戻る

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5