Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

edquota

ディスクの使用を制限する
2015/05/20 08:00

対応OS: linux , freebsd, solaris
edquota [-g] [NAME...]

 edquotaコマンドは、ユーザやグループのディスクの使用制限を設定します。

 edquotaコマンドを実行すると、エディタが起動し、それを使って設定を行います。このとき起動するエディタは、デフォルトではviエディタですが、環境変数「EDITOR」を使って任意のエディタを設定することもできます。

 このコマンドを実行できるのは、スーパーユーザだけです。

オプション
① -g
グループのディスクの使用制限を設定します。このオプションを省略した場合は、ユーザのディスクの使用制限を設定します。
HINT!
引数
① NAME...
ディスクの使用制限を設定するユーザ名またはグループ名を指定します。複数指定する場合には、スペースで区切って指定します。
ディスクの使用制限の状況を確認する
# edquota cmd 
エディタ起動

Disk quotas for user cmd (uid 501): 
Filesystem blocks soft hard inodes soft hard
/dev/hde5 2769 6000 8000 7 20 40




ハードリミットとソフトリミット

 ハードリミットとは、ユーザまたはグループが使用できるディスク容量です。それに対してソフトリミットは、ハードリミットに近づいたことをユーザまたはグループに通知するためのディスク容量です

関連タグ

UNIXコマンド辞典トップページに戻る

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5