Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

tee

標準出力とファイルの両方へ出力する
2015/05/20 08:00

対応OS: linux , freebsd, solaris
tee [-a] FILE

 teeコマンドは、標準入力から読み込んだ内容を、標準出力とファイルの両方に出力します。

オプション
① -a
FILEに指定したファイルが存在する場合に、ファイル内容を上書きせず、追加で出力します。
引数
① FILE
出力するファイルのパスを指定します。
標準出力の内容をファイルへも書き出す
[takeda]$ grep user0 /etc/passwd | tee file01 
grepコマンドで、ファイル「/etc/passwd」の内容のうち、文字列「user01」を含む行を出力
それを入力として、teeコマンドで標準出力に出力し、ファイル「file01」にも出力
user01:x:503:503::/home/user01:/bin/bash
user02:x:504:504::/home/user02:/bin/bash
user03:x:505:505::/home/user03:/bin/bash
[takeda]$ cat file01
user01:x:503:503::/home/user01:/bin/bash
user02:x:504:504::/home/user02:/bin/bash
user03:x:505:505::/home/user03:/bin/bash
[takeda]$
標準出力の内容をファイルに追加出力する
[takeda]$ cat file01 
user01:x:503:503::/home/user01:/bin/bash
user02:x:504:504::/home/user02:/bin/bash
user03:x:505:505::/home/user03:/bin/bash
処理前のファイル「file01」の内容
[takeda]$ grep user1 /etc/passwd | tee -a file01
ファイル「/etc/passwd」の内容のうち、文字列「user1」を含む行を標準出力に出力し、ファイル「file01」にも追加出力
user11:x:10000:10001::/home/user11:/bin/bash
user12:x:10001:10002::/home/user12:/bin/bash
user13:x:10002:10003::/home/user13:/bin/bash
[takeda]$ cat file01
user01:x:503:503::/home/user01:/bin/bash
user02:x:504:504::/home/user02:/bin/bash
user03:x:505:505::/home/user03:/bin/bash
元の内容
user11:x:10000:10001::/home/user11:/bin/bash
user12:x:10001:10002::/home/user12:/bin/bash
user13:x:10002:10003::/home/user13:/bin/bash
追加した内容
[takeda]$
HINT!

 grepコマンド・catコマンド

関連タグ

UNIXコマンド辞典トップページに戻る

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5