Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

「ASP.NET Identity入門」連載一覧

1~14件(全14件)
  • 2015/10/08

    ASP.NET 5に向けて知っておきたい、最新のASP.NET Identityのポイント

     Visual Studio 2015がリリースされ、ASP.NET 5のプレビュー版が試せるようになりました。ASP.NET IdentityもASP.NET 5に向けて変更が入りました。今回はASP.NET 5プロジェクトにおける最新のASP.NET Identityについて、そのポイントを紹介していきます。

  • 2015/09/07

    ASP.NET Identityで任意のデータストアを使う

     前回はASP.NET Identityをカスタマイズし、独自の認証処理を行うために必要な各種クラス群の実装方法を紹介しました。今回は引き続き、任意のデータストアを使ってユーザー情報を管理する方法を説明していきます。

  • 2015/08/20

    ASP.NET Identityで独自の認証処理を行う

     本連載はこれまでVisual Studioのテンプレートによって生成されたコードを利用してASP.NET Identityの説明を行ってきました。ASP.NET Identityの既定の動作では、SQL Serverのデータベースに対してEntity Frameworkを用いてアクセスし、認証やユーザー管理の処理を行っています。しかし、他のRDBMS製品やID管理サービス等でユーザー情報を管理したいケースも実際には多いでしょう。こういった時に、ASP.NET Identityの動作をどのように...

  • 8625_t.gif
    2015/04/20

    ASP.NET Identityでユーザーに役割(ロール)を持たせる

     前回はユーザーを管理する画面を作成し、ユーザー情報の変更、削除、および追加をできるようにしました。しかし、実際のアプリケーションではセキュリティの観点上、ユーザー情報の管理は「管理者」だけができるようにするべきです。ASP.NET Identityでは「管理者」、「一般ユーザー」といった役割を「ロール」という考えで実現します。今回はこのロール機能を使って、ユーザー管理機能を管理者だけが使えるようにしてみましょう。

  • 8555_t.gif
    2015/03/30

    ASP.NET Identityでユーザーを管理する

     Webアプリケーションを運用していく中では、ユーザー情報の追加、変更、削除を行いたい場合もあります。そんな時、データベースのユーザーテーブルを直接編集するのは、データの不整合を招く恐れがあるため、できれば避けたいものです。ASP.NET Identityでは、バージョン2.0でユーザー情報を簡単に取得する方法が追加されました。今回はその機能を使って、ユーザー管理画面を作成してみます。

  • 8463_thumb.gif
    2015/03/04

    外部アカウントを使ったログインをASP.NET Identityで実現する

     最近TwitterやGitHubなどのアカウントを使ってログインできるWebサービスをよく見るようになりました。連載の第9回となる今回は、この外部アカウントを使ったログインをASP.NET Identityを用いて実現する方法について紹介します。

  • 8328_thumb.gif
    2015/01/06

    ASP.NET Identity 2.0の新機能 ~二要素認証

     今回はメール連携機能紹介の最後として「二要素認証」を紹介します。GoogleやGitHubなどでここ数年の間に相次いで採用された二要素認証も、ASP.NET Identityでは簡単に実装できます。その方法を見ていきましょう。

  • 8254_thumb.gif
    2014/11/21

    ASP.NET Identity 2.0の新機能 ~パスワードのリセット

     今回は前回、前々回で紹介した「アカウントの確認」と対になる「パスワードのリセット」機能について紹介します。パスワードのリセットも「アカウントの確認」と同様に、ASP.NET Identity 2.0で追加されたメールと連携する新機能のうちの一つです。その動作と実装方法について説明していきましょう。

  • 8181_thumb.gif
    2014/10/17

    ASP.NET Identity 2.0の新機能 ~メールを使ったアカウントの確認

     ASP.NET Identity 2.0の新機能として、前回に引き続き、メールと連携する機能について紹介していきます。前回はASP.NET Identityのメール連携機能を使用するため、メール送信処理の実装まで行いました。今回は送信したメールを使用した「アカウントの確認」機能について、その実装方法とともに詳しく紹介します。

  • 2014/09/18

    ASP.NET Identity 2.0の新機能 ~メール連携機能のためのメール送信処理

     前回に引き続き、ASP.NET Identity 2.0の新機能を紹介していきます。今回から数回に分けてメールと連携する機能について紹介していきます。まず今回と次回で「アカウントの確認」機能について、その動作イメージと実装方法を説明していきます。今回はメール送信処理および確認メール送信の実装まで説明します。

  • 7921_t.gif
    2014/08/06

    ASP.NET Identity 2.0の新機能 ~ログインに関する検証強化とアカウントロックアウト

     前回はVS2013 Update 2のテンプレートで生成されたWebフォームアプリケーションをもとに、ASP.NET Identityのプロファイル情報をカスタマイズする方法について学びました。今回からはVS2013 Update 2のテンプレートのUpdate 1以前からの変更点と、ASP.NET Identity 2.0の新機能を、何回かに分けて追っていきたいと思います。今回は、ユーザー情報の変更、パスワード検証の強化、アカウントロックアウトについて紹介します。

  • 7845_t.gif
    2014/07/04

    ASP.NET Identityのプロファイル情報のカスタマイズ

     前回はVisual Studio 2013(以下VS2013)のテンプレートで生成されたWebフォームアプリケーションプロジェクトを使い、ASP.NET Identityの仕組みについて紹介しました。今回はプロファイル情報をカスタマイズし、画面で変更できるようにする方法を説明していきます。

  • 7763_t.gif
    2014/06/03

    ASP.NET Identityによるユーザー登録/ログインの仕組み

     前回、ASP.NET Identityとは何であるかを、その登場の背景とともに特徴を紹介し、テンプレートを使うと手軽に利用できることを説明しました。今回は、テンプレートで生成されたコードを読み解きつつ、ASP.NET Identityの仕組みを紹介していきます。

  • 7709_t.gif
    2014/04/18

    「ASP.NET Identity」の登場背景と実際の使い方

     昨年10月にリリースされたVisual Studio 2013の登場とともに、ASP.NETにもさまざまな機能が追加されました。その中の一つが新しい認証、資格管理システムである「ASP.NET Identity」です。本連載ではこの「ASP.NET Identity」を取り上げ、どんなものであるか、どのように使うのか、どんな仕組みで動いているのかを紹介していきます。連載初回の今回は、ASP.NET Identityとは何かについてお話します。その後、Visual Studio 2013に組み込...

1~14件(全14件)
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5