Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

基本機能が備わったガントチャートコントロール「GanttView for WPF」を試してみる

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2017/07/14 14:00

 業務アプリケーションの開発でスケジュールやタスクをガントチャート形式で表示したいという要望は多くありますが、自前でガントチャートを実装するのは大変で、工数も金額も膨れがちです。期限が先に決まっている案件であれば開発チームに負担がかかり、金額面ではお客様に負担がかかってしまいます。今回はそのような場合に高機能なガントチャートをアプリケーションに組み込めるGanttView for WPFについて紹介します。

目次

今回紹介するコンポーネント

 2017年5月17日にComponentOne Studioの新しいバージョン「ComponentOne Studio 2017J v1(以下 ComponentOne Studio)」がリリースされました。

 ComponentOne StudioはWFP、Windows Forms、UWPといったさまざまなアプリケーションに便利な機能を追加できるコンポーネント集ですが、2017J v1で更に多くの機能が追加され、より便利になりました。

 その中でもWPFアプリケーションにガントチャート機能を追加できるコンポーネントがGanttView for WPFです。

GanttView for WPFとは

 GanttView for WPFはガントチャート機能を提供するコンポーネントです。コンポーネントの初期状態でガントチャートとして十分な機能を備えていることに加えて、プログラミング操作でタスクなどを柔軟に編集できる点と、WPFのテンプレートを利用したデザイン面での高いカスタマイズ性があります。

 さまざまなプロジェクトの工数、進捗を管理する機能をアプリケーションに追加することができます。

対象読者

 Visual Studioを利用してアプリケーションを作成した経験がある、またはC#、Visual Basicなどの.NET系言語での開発経験がある方。

必要な環境

 GanttView for WPFを利用するには以下の環境が必要となります。

  • Visual Studio 2012/2013/2015/2017 日本語版
  • .NET Framework 4.5.2/4.6/4.6.1/4.6.2/4.7

 本記事はVisual Studio Enterprise 2015、.NET Framework 4.6環境で画像キャプチャーの取得、動作検証を行っています。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 西村 誠(ニシムラ マコト)

     Microsoft MVP Windows Platform Development。  Flash、PHPの開発経験もあり国産ECサイト構築フレームワーク「EC-CUBE」の公式エバンジェリストでもある。  ブログ:眠るシーラカンスと水底のプログラマー  著書:基礎から学ぶ Windows...

バックナンバー

連載:ComponentZine(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5