Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

【第1回】TOPPERSプロジェクトとTECS

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2007/11/14 12:00

 本稿では、組込みコンポーネントシステム「TECS」について解説します。連載第1回目として、TECSの開発母体となるTOPPERSプロジェクトや、TECSが目指すことなどを紹介します。本稿は、読者の方にC言語の知識があることを前提にしています。また、組込みシステムソフトウェア開発の経験がある方に向けた内容になっています。

目次

TECS:TOPPERS Embedded Component System

 組込みコンポーネントシステム「TECS」は、TOPPERSプロジェクトのコンポーネント仕様ワーキンググループ(以下WG)において仕様の策定を進めている、組込みシステムに適したコンポーネントシステムのことです。TECSは、TOPPERS Embedded Component Systemのアクロニム(頭文字)です。

 コンポーネントシステムといわれても、何のことか想像がつかない方もいらっしゃるでしょう。また、自分が知っている何らかのコンポーネントシステム、あるいはコンポーネントモデルのことを思い浮かべる方も多いでしょう。

TOPPERSプロジェクトとは

 コンポーネントシステムが何であるかを説明する前に、TOPPERSプロジェクトについて、簡単に紹介させていただきます。TOPPERSプロジェクトは、2003年9月に名古屋大学(当時は豊橋技科大)の高田教授を中心に、オープンソースのリアルタイムOSを開発するNPO法人として発足しました。

 このプロジェクトによって、現世代の決定版として開発されたTOPPERS/JSPは、すでに多くの製品に搭載されており、今も採用する企業が増え続けています。そしていまTOPPERSプロジェクトでは、次世代リアルタイムOSとして、TOPPERS/ASPの開発が進められています。

コンポーネント仕様WGの活動

 組込みコンポーネントシステムTECSは、TOPPERSプロジェクトが発足した数ヶ月後の2004年1月から、コンポーネント仕様WGにおいて検討作業が始められました。それからすでに3年半以上が経ちますが、まだ策定作業が続いています。一般的な仕様策定でしたら、ここまで多くの時間をかけることはないでしょう。このように時間がかかっているのは、WGメンバが掛持ちで作業しているということもあるのですが、主な要因として以下の2つを挙げることができます。

  • コンポーネントが何であるかが、人によってかなり異なる
  • 包括的な問題解決を達成しようとしている

 本稿では、この要因を中心に、TECSを開発した動機と目標とするところを説明したいと思います。

お断り

 前述したとおり、仕様の策定作業は進行中ですので、以下で説明する内容は変更される可能性があります。また、策定途中の仕様書やツール類はTOPPERSプロジェクト会員に限定して公開されています。2008年には、これらをオープンソースの形で公開できる見込みです。この連載は、TECSの予習資料とお考えいただけると幸いです。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 大山 博司(おおやま ひろし)

    TOPPERSプロジェクト コンポーネント仕様ワーキンググループ主査 オークマ株式会社 FA システム本部 主管技師 オークマ株式会社(当時は大隈鉄工所)に入社以来、数値制御装置の制御ソフトウェア開発に従事する。 博士(工学)

バックナンバー

連載:組込みコンポーネントシステムTECS
All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5