Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

2010 TechwaveでのSQL Anywhere関連の講演

原文: SQL Anywhere talks at 2010 Techwave

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2010/11/11 14:00

 先週ワシントンで開催されたSybase Techwaveカンファレンスにおいて、筆者の同僚のAnil Goelが先日リリースされたSQL Anywhere 12サーバーについて「SQL Anywhereの自己管理と自己ヒーリング」と「SQL AnywhereのMERGE文とマテリアライズドビュー」という2つの講演を行いました。 (原文:SQL Anywhere talks at 2010 Techwave、2010/08/18投稿)

 本稿はデータベースソフトウェア「SQL Anywhere」およびデータベース全般に関する英語ドキュメントを翻訳する形で提供しています。図など、部分的に英語のままになっていますが、製品のSQL Anywhere自体は完全に日本語化されていますのでご安心ください。

2010 TechwaveでのSQL Anywhere関連の講演

 先週ワシントンで開催されたSybase Techwaveカンファレンスにおいて、筆者の同僚のAnil Goelが先日リリースされたSQL Anywhere 12サーバーについて次の2つの講演を行いました。

SQL Anywhereの自己管理と自己ヒーリング

 この講演では、SQL Anywhere 12の自己管理機能と自己ヒーリング機能をテーマとして、バッファプールマネージャ、統計情報マネージャ、マルチプログラミングレベルの自動アジャスト、およびこれらの機能をクエリ処理と組み合わせる方法について、かなり踏み込んだレベルまで説明しました。

SQL AnywhereのMERGE文とマテリアライズドビュー

 この講演では、バッチ更新マテリアライズドビューおよび即時マテリアライズドビューに関してSQL Anywhere 12が提供する包括的なサポートと、MERGE文に関するサーバー側のサポートについて説明しました。また、SQL Anywhere 12の新機能である、外部ジョインに基づく即時マテリアライズドビューのサポートについても説明しました。

 上記のリンクをクリックすると、これらの講演のPowerPointプレゼンテーションをダウンロードできます。筆者のPresentationsページからもダウンロードできます。



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • Glenn Paulley(Glenn Paulley)

    カナダ オンタリオ州 ウォータールー R&DセンターにてSQL Anywhere 開発における Director of Engineering としてクエリ・オプティマイザなどの開発をリードしている。 ・IvanAnywhere

バックナンバー

連載:Glenn Paulley氏 データベース関連ブログ 翻訳記事

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5