Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

SIerから外資系コンサルティングファームに転職!
意識の高い集団に身を置き、自らを高めたいと決断

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2011/02/09 14:00

転職エージェントのパソナキャリアが、同社のサービスを利用して転職に成功した転職者に、成功の秘訣などをインタビューします。

SIerのプロジェクトリーダーから外資系コンサルティングファームのコンサルタントに

メーカー系システムインテグレーターのプロジェクトリーダーから、外資系コンサルティングファームのコンサルタントに転職した、松岡さん(仮名・28歳男性)にお話をうかがいました。

――前職のお仕事内容について教えてください。

「メーカー系のシステムインテグレーターで、金融系システムのプロジェクトリーダーを担当していました。配属後2ヵ月にして1人で地方出張に行かせてもらうなど、入社当初からいろいろ経験しました。2年目にはサブリーダー、5年目になってからはプロジェクトリーダー(プロジェクト内のファイナンスなども担当し、実質的にはプロジェクトマネージャー)として業務を進めていました」

――なぜ転職を考えたのですか?

「もともとは、前の会社で退職するまで活躍したいと思っていました。社内の出来事をきっかけに、勢いで転職活動を始めてしまったというのが、正直なところです。転職に関して検索しているときにパソナキャリアが目に付いたので、そのまま登録したようなものでした。

キャリアアドバイザーの方から連絡があったときも、転職するかはまだわからない、とお話しました。それでも構わない、ということなので話だけでも聞いてみようという気持ちでカウンセリングに向かいました」

――どのような転職活動をされたのか、教えてください。

「キャリアカウンセリングの後、求人を紹介してもらいました。紹介された企業はどれも業界を代表するところばかりで、こんな企業を受けるチャンスがあるのかと驚いたことを覚えています。選考は順調に進み、今回入社するコンサルティングファームをはじめ、数社から内定をいただきました。

内定をもらった後、転職すべきかどうかとても迷いました。前の会社に愛着もありましたし、プロジェクトリーダーであるにもかかわらずプロジェクト途中で抜けていいものかどうか……。この転職のチャンスを逃したら、自分はずっと前職の会社にいるだろうと考え、キャリアアドバイザーにも相談し、将来的・長期的な視点で2社に天秤にかけ、転職することを決意しました」(続きはキャリアジンでご覧ください)



  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • パソナキャリア(パソナキャリア)

    人材業界の草分け的存在として、30年以上の歴史を持つパソナグループの人材紹介サービスです。取引社数、求人数共に業界トップクラスの同社の一番の売りは、1人ひとりを徹底して丁寧にサポートする人間力です。丁寧で誠実なサポートで、仕事を通じた夢の実現をお手伝いします。

バックナンバー

連載:キャリアアドバイザーが聞く!転職成功談

もっと読む

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5