Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

C#たんと学ぶ/わりと硬派なソフトウェア開発講座
第2-2回「デスクトップアプリケーション」

C#たんと学ぶ わりと硬派なソフトウェア開発講座(4)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載は、ソフトウェア業界に入ったばかりの新人さんや、本格的なアプリケーションを作ってみたい学生さんを対象とした、ソフトウェア開発講座です。擬人化キャラクター「C#たん」「C++たん」(非公式)とともに、プロレベルのアプリケーション作成に必要な技術・知識の全体像や最新動向について学んでいきます。前編に引き続き、今回のテーマもデスクトップアプリケーションです。

目次

プロローグ

SOUND ONLY
~前回のあらすじ~
『GUIアプリ開発の基本は、GUI依存を減らすこと』
『そう言って、パズルゲームをまず文字ベースで作ったC#たん』
C#たん そっぽ見
C#たん
『そこで、"紙面の都合"が来てしまい、結局、GUIの話は全くしなかったのである』
C++たん あきれ
C++たん
はいはい、ナレーションごっこはそこまでよ。
C#たん 自嘲
はい。少しは真面目に。
C#たん トーク
前回は、どんな形態のアプリでも使いまわせる"中核処理"を作るということを説明しました。そして今回は、GUIアプリ開発の基礎を説明してから、"中核処理"をGUIアプリに組み込んでいくところを説明します。

GUIの基礎

C#たんトーク
まず、GUIアプリケーション開発の基礎概念を説明して行きましょう。GUIアプリケーションは、以下の図のような構造になっています。
C++たん トーク
GUIアプリケーションっていっても、グラフィカルな処理の大部分はOSやフレームワークが処理してくれてるのよね。
VBたん トーク
VBたん
中核処理の部分はGUIに依存しないように作っているわけで、アプリケーション開発者が実装すべきGUI特有の処理は実はそんなに多くない、と。
C#たん 閉じ目
大まかに言うと、GUIアプリケーション開発者がすべきことは以下の3つです。
  • レイアウト
  • イベント駆動(イベント通知を受け取って処理を始める)
  • データの更新通知
キャラクター画像の二次利用許諾

 本連載のキャラクター画像は、出典をリンクなどで明記いただければ、非営利目的に限り、自由に二次利用いただいて問題ありません。ぜひ、ご自身のブログ等でもご活用ください!


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • C#たん ソフトウェア開発講座 制作委員会(シーシャープタン)

    ソフトウェアに求められる要求の高度化とともに大きくなる開発者への負担を、開発ツールやフレームワーク、時には萌え力を頼りに軽減できないか考えるプロジェクト。 C#たんは単なるマスコットかと思いきや、割と毒舌。自分のことは棚に上げて、「萌えればいいってもんじゃないですよ?」が信条。 twitter:...

バックナンバー

連載:C#たんと学ぶ/わりと硬派なソフトウェア開発講座
All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5