Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

マルチデバイス対応のモバイルアプリ開発環境「PhoneGap」「PhoneGap Build」をおさらいする

「PhoneGap」再入門(1)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2013/09/19 14:00

 今年7月に、マルチデバイス対応モバイルアプリケーション開発フレームワークのメジャーアップデート「PhoneGap 3.0」がリリースされました。HTML5+CSS+JavaScriptで各デバイス向けのネイティブアプリが開発できるこのツールが現在どのように進化しているのか。本連載では数回に分けて、PhoneGapの今をお伝えしていきます。

目次

PhoneGapとは

 PhoneGapは、アドビシステムズ社により公開されている、デバイス向け「ハイブリッドアプリケーション」制作のためのフレームワークです。PhoneGapのソースコードは、Apache財団に寄贈されており、Apache Cordovaのプロジェクト名で管理されています。PhoneGapは、アドビシステムズ社が提供するCordovaディストリビューションです。

 複数のデバイスに対応するアプリケーションを開発する場合、デバイスのOSごとに特定の開発環境を用意して、特定の言語で開発を行うことになります。そういったケースでは、PhoneGapを用いることで、HTML5+CSS+JavaScriptのみで複数のデバイスに対応するネイティブアプリケーションの実装が可能になります。このようにして作られたアプリケーションを一般的に「ハイブリッドアプリケーション」と呼びます。

 PhoneGapを使ったアプリケーション開発は、基本的にはWebアプリケーションを実装するようにアプリケーションを開発できます。つまりブラウザ上で開発・テストを行うことができます。

 また、PhoneGap標準ライブラリを使って、デバイス依存の機能を使ったアプリケーション開発も行うことができます。このような依存機能は、実機上での開発・テストになります。

 デバイス依存機能については、PhoneGapのサイトにデバイスごとにまとめられています。アプリケーション開発を始める前に、確認しておきましょう。

 また、このサイトに載っていない機能は、PhoneGapプラグインとして自前で作成することができます。

 PhoneGapプラグインの開発方法については、「Plugin Development Guide」を参照してください。

PhoneGap 3.0

 7月19日に「PhoneGap 3.0」がリリースされました。プラグインアーキテクチャを刷新してアプリケーションの小型化と高速化を目指しています。また、SDKの中に入っているツールなどを改善して、新しいAPIが追加されています。このPhoneGap 3.0についての詳細は、次回説明します。

PhoneGapのはじめかた

 PhoneGapを使ったデバイス向けアプリケーション開発するには、大きく二通りの方法があります。

  • PhoneGap SDK
  • PhoneGap Build

PhoneGap SDKとは

 PhoneGap SDKは、複数のデバイスでビルドするためのコマンドラインベースの開発環境が入っています。

 そして、複数のデバイス向けのアプリケーションを開発するためには、デバイスごとのビルド環境を用意する必要があります。

PhoneGap Buildとは

 PhoneGap Buildは、アドビシステムズ社が提供しているWebサービスです。PhoneGap Buildは、PhoneGap SDKを使ったビルド環境がサービス上に用意されているのでデバイスごとにビルド環境を用意する必要がありません。開発者はHTML+CSS+JavaScriptでアプリケーションを開発して、PhoneGap Buildにアップロードするだけで複数のデバイス向けアプリケーションにパッケージされます。また、Gitリポジトリからのインポートにも対応しており、登録するだけで簡単に利用することもできます。

PhoneGap Buildのサービス内容

 現在PhoneGap Buildには、無償と有償の2種類のプランがあります。

PhoneGap Buildのプラン
プラン 無償プラン(Free plan) 有償プラン(Paid plan)
金額 0円 $9.99/月(1000円/月)
プライベートアプリ数 1 25
パブリックアプリ数 無制限 無制限
コラボレーターの招待数 無制限 無制限
ビルド数 月間100ビルドまで 月間1,000ビルドまで
Creative Cloud Creative Cloud無償メンバーシップの方は
こちらの無償プランを利用できます。
Creative Cloud有償メンバーシップの方は
こちらの有償プランを利用できます。
プライベートアプリとパブリックアプリの違い
プライベートアプリ アプリを構成するリソースは、非公開です。
アプリを登録する際は、ZIP圧縮して直接PhoneGap Buildにアップロードするか、
あるいはGitHub上のプライベートリポジトリにアップしてそのURLを指定します。
パブリックアプリ アプリを構成するリソースは、一般に公開されます。
アプリを登録する際は、GitHub上のパブリックリポジトリに
アップロードしてそのURLを指定します。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 有川 榮一(アリカワ エイイチ)

     Arikawa Eiichi @ AKABANA ( http://akabana.net )  アーキテクト, クラスメソッド株式会社 プリンシパル。  Flex / AIR / CF / FMS / Java / C#を使ったアプリケーションソフトウェア設計と開発を中心に仕事をしています。...

バックナンバー

連載:Adobe Developer Connection

もっと読む

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5