Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

噂のユニバーサルWindowsアプリにComponentOne Chartを使ってみよう

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2014/05/30 16:35

 今回の内容は、製品の動作保証のまったくの対象外である点をあらかじめご了承ください。そんなご注意を最初にしなければならないくらい、最初の段階では「動かない」と思っていた組み合わせで動作したことをご報告したいと思います。Windows Phone 8.1は、従来のSilverlightベースのアプリに加えて、Windowsストアアプリとの互換性を拡張し互換性90%とも言われているWindows Phoneストアアプリが作れるようになりました。

目次
図1 Windows Phone 8.1プラットフォーム
図1 Windows Phone 8.1プラットフォーム

 Windows Phoneストアアプリ(XAMLアプリとも呼ばれる)では、画面まわりもWindowsストアアプリと共通化が進んでいて、Visual Studio 2013 Update 2で作成できるユニバーサルアプリテンプレートでは、WindowsストアアプリとWindows Phoneストアアプリを1つのソリューション(しかも共通部分を同一コードで共有できる)から作成できるようになっています。

図2 ユニーバサルアプリテンプレート
図2 ユニーバサルアプリテンプレート

 そこでWindowsストアアプリ用の「ComponentOne Studio for WinRT XAML」を、Windows Phoneストアアプリで使えるかを勝手に検証してみたいと思います。

Windows Phoneアプリに適用する(1)

 ユニバーサルアプリテンプレートに適用する前に、Windows Phoneストアアプリ単体に適用できるかを確認するステップを踏んでみたいと思います。ここがうまくいかなかったら、さらにWindowsストアアプリと組み合わせるユニバーサルアプリテンプレートでもうまくいくことはありません。

新規プロジェクト作成

 Windows Phoneストアアプリを作成するときにお勧めのテンプレートは「ハブアプリケーション(Windows Phone)テンプレート」です。

図3 ハブアプリケーション(Windows Phone)テンプレート
図3 ハブアプリケーション(Windows Phone)テンプレート

 このテンプレートを使って新規プロジェクトを作成すると、複数ページが最初から作成されるためか、画面遷移に必要なクラスがCommonフォルダに自動設定されたり、Appクラスに必要なコードが挿入された状態でプロジェクトが作成されたりするため、後々の作業が非常に楽になります。

 プロジェクトが作成されたら不要なページを削除し、フォルダを追加して必要な構成に変更します。

図4 プロジェクト構成
図4 プロジェクト構成

ツールボックスの確認

 ComponentOne Studioがインストール済みならば、Windowsストアアプリでページファイルをデザイナで開くと、ツールボックスには「C1 XAML 8.1 Controls」タブが表示されます。動作対象外の環境ですから当然ですが、Windows Phoneストアアプリの場合は表示されません。

図5 ツールボックス
図5 ツールボックス

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • 初音玲(ハツネアキラ)

    国内SIerのSEで受託開発を主に行っています。Visual Basic + Oracleという組み合わせに関する事が得意です。 Internet of Thingsという名前もよく聞くようになってきてセンサーとクラウドという組み合わせに注目があつまっています。Kinectなどのモーションセンサー...

バックナンバー

連載:現役エンジニア直伝! 「現場」で使えるコンポーネント活用術(ComponentOne Studio)

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5