Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

5分でわかるActiveReports帳票-9.0Jの新機能

ActiveReports for .NET 9.0Jで作るサンプル帳票(1)

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 本連載では、帳票コンポーネント「ActiveReports for .NET 9.0J」の新機能を使用して帳票アプリケーションを作成する方法を解説します。第1回の今回は、9.0Jで追加された新機能および改善点の概要を紹介します。

目次

はじめに

 ActiveReports for .NET(以下、ActiveReports)は、Visual Studioと統合され、多彩な出力形態をサポートする帳票作成コンポーネントです。1998年のActiveX版「ActiveReports 1.0J(日本語版)」の発売以来、17年にわたって多くの開発者に支持され続けており、日本国内の累計販売ライセンスは75,000本を超えています。

 2015年には、マルチデータソースに対応した「RDLレポート」や、iPad/iPhoneでの閲覧をサポートする「HTML5ビューワ」などを追加した新バージョン「ActiveReports for .NET 9.0J」が発売されました。

ActiveReportsのプレビュー画面(RDLレポート)
ActiveReportsのプレビュー画面(RDLレポート)

備考

 ActiveReportsを使用した帳票アプリケーションの基本的な作成方法については、これまでの連載記事も併せてご参照ください。特に、1つ前のバージョンである7.0J をもとに解説した2013年度版の記事は、9.0Jでもそのままご利用いただける内容となっています。また、2007/2008年度版の記事は3.0Jをもとに解説していますが、3.0Jのレポートと9.0Jのセクションレポートは名前空間や一部のAPIを除いて同じレポート形式であるため、セクションレポートの概念や基本的な使い方についてはこちらもご活用ください。

対象読者

  • Visual Basicまたは、Visual C#を使ってプログラムを作ったことのある方
  • 帳票作成ツールに興味のある方

必要な環境

  • Visual Studio 2010/2012/2013/2015のいずれかでプログラムが作れる環境
    • Express EditionではActiveReportsをインストールできません。また、Visual Studio 2015についてはService Pack 2で対応しています。

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

バックナンバー

連載:5分でわかるActiveReports帳票

もっと読む

All contents copyright © 2005-2017 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5