Shoeisha Technology Media

CodeZine(コードジン)

記事種別から探す

iOSとAndroidのUXの違いを実際に作りながら理解してみる

Delphiを使ってマルチデバイス開発を実践し、OSごとの違いを学ぶ

  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2016/03/11 14:00

 今回はマルチデバイス開発におけるUX(ユーザーエクスペリエンス)の違いについて取り上げます。実際にDelphiでアプリを作りながら、OSごとの違いを理解し、その違いに対処する方法を見ていくことにします。

目次

 これまで、『DelphiアプリケーションをWindows 10対応したついでにiOSとAndroidにも対応してみた』や『アルバムアプリをモバイル対応するためにDelphiサーバーアプリを作成してみる』などで、マルチデバイスアプリケーション開発のクライアント側とサーバー側の双方をDelphiによって作成する方法を見てきました。

図1 以前作成したアルバムアプリ

 Object Pascal言語(C++Builderの場合はC++言語)の単一コードで、Windows、iOS、Android、Mac OS X向けのネイティブアプリが作成できることは魅力ですが、現実のクロスプラットフォームアプリ開発では、アプリが動作するOSごとの違い、特にUXの差が悩みどころです。

 ということで、今回はアルバムアプリの進化形を検討しながら、デバイスごとのUXの差にどのように対処していくのかを見ていくことにしましょう。

シンプルさが重要なモバイルアプリ

 さて、モバイルデバイス向けのOSといえば、iOSとAndroidが双璧です。「主要なモバイルデバイスに対応する」といえば、必ずこの2つが対象になります。

iOSおよびAndroidのUXガイドライン

 いずれのデバイスについても、以下のようなページで、UXのガイドラインが紹介されています。

 どちらも限られた操作、画面サイズという環境で、いかに簡単にユーザーが目的を達成できるかという視点を大事にして、シンプルさを強調しています。PC向けのアプリケーション開発の経験をそのままモバイル開発に持ち込むと、多様なユーザーの要求に応えるべく、複雑で多機能、豪華な画面を設計してしまいがちですが、モバイルデバイスでは、ユーザーがアプリに単機能の仕事を求める点に注意すべきです。

OSごとの違い

 iOSとAndroidで目を引く大きな違いは、たとえばボタンやスイッチの形状、そしてページタブのレイアウトなどです。

図2 iOSとAndroidのコントロールの違い

 それぞれのOSを利用するユーザーは、そのOSのルック&フィールに慣れていると想定されますから、自分の開発するアプリだけ独自の世界を作ってしまうわけにはいきません(ゲームなど一部の特殊な世界観を演出するアプリは例外です)。

 ということで、マルチデバイスアプリ開発では、それぞれのOSごとに異なるルック&フィールに対応する必要があります。Delphiのマルチデバイス開発機能が、これにどのように対応するのか、アルバムアプリの拡張をしながら見ていきましょう。


  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

著者プロフィール

  • EDN編集部(イーディーエヌ編集部)

    エンバカデロ・デベロッパーネットワーク(EDN)は、ソフトウェア開発者とデータベース技術者のための技術情報サイトです。Delphi、C++Builderをはじめとする開発ツールやER/Studioなどのデータベースツールに関連する技術記事、ビデオなどを提供しています。EDN編集部は、EDN記事と連携...

バックナンバー

連載:EDN CodeZine出張所

おすすめ記事

All contents copyright © 2006-2016 Shoeisha Co., Ltd. All rights reserved. ver.1.5